スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年8月5日 格之進R

急に焼きたくなったので、現場から近めの格之進Rで急遽肉を食らうことに。
私は肉の摂取が滞ると仕事自体のやる気がほぼ0に近い数値になってしまうため、これも仕事のパフォーマンスを出すために大切な作業の一つなのだ。
069_20130806005128b9e.jpg

しんしん
薫り高く上品な味。
味も深みあり濃厚。
070_20130806005130676.jpg

083_20130806005204356.jpg


うちばら
塾成香が非常に強くナッツのような馥郁たる香りが強い印象を残している。
また、脂の角が取れた丸みのあるふくよかで深い味わいが素晴らしい。
すべて食べ終わってから知ったが、こちらはワンサイクルまえに熟成させたものだとのこと。
072_20130806005131d1e.jpg

091_20130806005226119.jpg


かめのこ
やや水っぽい印象を受けるが、赤身の味は悪くない。
嚥下後に抜ける香りが心地よい。
074_201308060051446f7.jpg

093_20130806005301131.jpg


前菜
かぼちゃの煮つけ、レバーペースト、万願寺唐辛子のおひたし
077_2013080600514572a.jpg


煮込み
しっかりと煮込まれた煮込みはご飯がほしくなる味。
美味。
079_20130806005147b7d.jpg


サラダ
082_20130806005202752.jpg


ハネシタ
サラっとしているがやや脂が強い印象を受けた。
086_201308060052058ab.jpg


肩ロース
さらっとした脂は軽く香り豊かで美味。
088_201308060052231dd.jpg


もも
赤身のコクはしっかりしているが、全体的にあっさりとした味わいで食べやすい。
089_20130806005224714.jpg


冷麺
098_2013080600530244f.jpg


デザート
100_20130806005304b6e.jpg


予約時にウデがあれば出してもらえないかと伺ったのだが、ウデはまだ熟成途中とのことで残念ながら食べることはできなかった。
その予約のやり取りで、お店の方がコースに組み込んでくださったのが熟成の深いうちばら。

全体を通してみても、このうちばらが一番印象に残ったな。
次はきっちりとタイミングを合わせてウデを食べたい。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012年11月10日 格之進R

格之進Rの店長のお休みに合わせ、代表の千葉さんが上京しとあるイベントをするとのこと。
魅力的なイベントに加え、千葉さんとも久々にお会いするため、即決でイベント参加を決定し、焼肉と乗換以外ではほぼ訪れない六本木に足を踏み入れた。


しゃぶしゃぶ
まずは肩ロースのシャブシャブから。
程良い香りと甘みと旨みのある肩ロースを湯にくぐらせるとあっさりとしていて中々旨い。
094_20121121012738.jpg

097_20121121012737.jpg


バーニャカウダ
格之進Rおなじみバーニャカウダ。
100_20121121012737.jpg


長期熟成スネ肉のビーフシチュー
こちらが今回のお目当てのビーフシチューで、長期熟成したスネ肉を一本丸々シチューにしたもの。
野菜や肉の旨みが溶け出たデミグラスソースから作られた絶品ビーフシチューは、非常に濃厚で贅沢な味。
最後の一滴も残さぬよう、バゲットにつけつつ堪能した。
これは中々食べられない味。至福。
102_20121121012737.jpg

106_20121121012737.jpg

114_20121121012737.jpg

116_20121121012812.jpg

120_20121121012812.jpg

121_20121121012812.jpg


ビーフシチューの後はおなじみブロック焼へ。
勿論イベントという事もあり、千葉さん自ら肉を解体し、各テーブルにて焼き上げる。
127_20121121012812.jpg

129_20121121012811.jpg

131_20121121012811.jpg


サンカク
こちらは私が焼かせていただいた。
赤身の旨みがぎゅっと詰まっており、鼻から抜ける熟成香が心地よい。
133_20121121012837.jpg


バラ
カイノミの近くの部位だそう。
脂の甘みと、香ばしさが非常にいいバランスを呈している。
キャラメリゼされた外側部分の香ばしさが何とも堪らない。
135_20121121012837.jpg


外モモ
歯ごたえがあり、噛みしめるとアッサリとしていて力強い肉汁が口の中一杯に溢れる。
赤身らしい赤身肉は肉を食べた!という感じがする。
136_20121121012837.jpg


ミニ冷麺
〆はミニ冷麺を別オーダー。
格之進の冷麺は出汁が非常に私好みなので、こういうイベントでも〆に頼めるのは非常に嬉しい。
137_20121121012837.jpg


終始和やかにつつがなく進んだ楽しいイベントだった。
イベントの最後は、千葉社長の思い付きによるじゃんけんにプレゼント大会が開催され、勝ち進んだ私は格之進のビーフジャーキーを手に家路についたのだった。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012年9月30日 格之進

約1ヶ月前より予定していた大人のBBQ当日、どうやら台風17号が直撃するとのことだが、既に食材は取り寄せてしまっている。
幸い主催の方の伝手でお店の庭を使用させていただく予定だったため、何とか雨をしのぎつつBBQを決行した9月終わりの日曜日。

024_20121004010227.jpg


メインのお肉は主催の方がオーダーした六本木店でお馴染みの格之進のもの。
格之進のオンライン通販でここまでガッツリ正肉を食すのは初めての事、木箱をモチーフとした高級感あふれる容器に接近する台風の存在を忘れテンションが上がる。
025_20121004010226.jpg


いわて門崎丑焼肉セット
まずは門崎丑焼肉セット。
オンラインストアによると、こちらは赤身とカルビを焼肉用にセットにしたものだそう。
033_20121004010226.jpg



黒胡椒を軽く振ったあと、焼く寸前に塩を振る。
食べてみると思わず納得してしまう程、良い意味で格之進の肉だと感じられる熟成香と旨味。
お店と同様に肉自体に格之進の色が非常に出ており、その一貫したクオリティ担保には感動すら覚える。
048_20121004010224.jpg

060_20121004010304.jpg


タレ
こちらのタレはSATOブリアンのブリダレをインスパイアしたもので、主催の方の自作のもの。
にんにく醤油を基調とし、辛味噌のパンチと昆布のまろやかさと風味等が加わっている。
フィーリングで作られたそうだが、これが中々の美味。
是非レシピ化してほしい程だが、残念ながら明確なレシピは存在しないとのこと。

そのタレにまずは焼肉セットの半分を揉み込み焼き上げる。
にんにくの香りと、辛味噌のパンチが肉の熟成香と相まって非常に美味。
およそ個人のBBQのレベルではないね。
044_20121004010225.jpg

074_20121004010406.jpg


いわて門崎丑特撰ステーキセット
うちもも/サーロイン/ヒレ
034_20121004010225.jpg

ウチモモ
柔らかで豊かな味わいを呈すウチモモ。
噛みしめると赤身のコクと、しっかりとした旨みが口全体に広がる。
いかにも肉らしい味わいがいいね。
058_20121004010304.jpg

066_20121004010303.jpg


サーロイン
この日個人的に一番だったのはこのサーロイン。
格之進のサーロインを食べること自体が初めてだったこともあるだろうが、非常に印象深かった。
厚切りにも関わらず脂のくどさは全く感じられずむしろ軽やかなほどだ。
肉の香り、旨みのバランスが秀逸。
070_20121004010302.jpg

072_20121004010302.jpg


ヒレ
お肉の最後はデザートヒレの登場。
そもそも私自身BBQというもの自体に殆ど参加したことがないのだが、普通に考えてヒレが塊で出てくるBBQはそうないだろう。
時間をかけて焼き上げたヒレはしっとりした口当たりで、香りも上々。
あっという間に参加者の胃袋の中に収納された。
077_20121004010406.jpg

080_20121004010405.jpg


B飯
主催の方が即興で作成したBeerer飯。
こちらはタレにつけてあったニンニクと、ヒレ、タレと温泉卵で作成したもの。
ニンニクのジャンキーな香りとパンチの利いたタレが温泉卵のアクセントでまろやかになっており非常に罪深い味を作り出していた。
これは旨い。
087_20121004010405.jpg


A5常陸牛(雌)前スネのカレー
こちらは私が持ち寄った自作カレー。
某ルートで手に入れた常陸牛のスネ肉で作成したもの。
肉のポテンシャルが恐ろしく高かったため、できる限り肉の味を邪魔したくなく今回はルー(ブラウンソース)から自作することに。
こんないい肉を調理することは滅多にないことなので、いささか緊張したが楽しく調理することが出来た。
088_20121004010404.jpg


上記肉以外にもソーセージや伊勢海老の干物が登場する等、非常に豪勢なBBQだった。
台風の中いい年した大人が伊勢海老やら塊肉やらを焼く姿は、非常にシュールでさらに我々のテンションを上げた。

台風の中高テンションで高級食材を焼く我々が近隣の方々からどのように見えたかは一先ず想像しないでおこう。

非常に楽しいBBQだった。
このBBQに関わった皆さんに心からお礼を申し上げます。

テーマ : BBQ
ジャンル : グルメ

2012年7月3日 格之進R


「格之進Rにて黒毛和牛の夕べ直樹社長松阪牛の歴史と現状の黒毛和牛の実情を語る。解体ショー部位の目利きワンポイントアドバイス。」
という何とも魅力的なイベントへお誘いをいただいた。

二つ返事で小雨降る中六本木に向かう。


104_20120716230706.jpg


124_20120716230751.jpg


前菜
ジャーキー/スモークレバー/生ハム
072_20120716230625.jpg


牛肉の煮こごり
077_20120716230624.jpg


バーニャカウダ
078_20120716230624.jpg


サーロイン
屠畜してから70日のサーロインは香は中々だが脂の甘みは弱めで、あっさりとした印象。
090_20120716230623.jpg


タン
タン中からタン元までを縦にカットしてあるタン。
タンのカットとしての是非はともかく、こういう食べさせ方は中々経験できないので非常に面白いと思う。
タン自体の旨味もいいね。
081_20120716230623.jpg

096_20120716230708.jpg


ハラミ
肉繊維がしっかりとした印象のハラミ。
美味。
097_20120716230707.jpg


サガリ
ハラミに比べると普通の印象。
まあ普通に美味しい感じ。
098_20120716230707.jpg


アマミスジ
甘みがありなかなか。
137_20120716230750.jpg


みすじ
濃厚な旨味が、噛むたびに口の中を支配する。
みすじは薄切りで食べることが多く、厚切りはあまり食べたことがないがこれは素晴らしい!
旨い!
133_20120716230751.jpg

134_20120716230750.jpg

140_20120716230749.jpg

147_20120716230821.jpg



肩三角
肩三角はブロック焼で。ルビー色の断面図がなんともなまめかしい。
香が良く、口に広がる肉汁が堪らない。
143_20120716230749.jpg

152_20120716230821.jpg


冷麺(ハーフ)
この日の冷麺は少し麺が柔らかい印象だったが、相変わらず出汁が旨い。
153.jpg


154.jpg


東京に松坂牛を広めた吉澤畜産の社長である吉澤さんのお話、
千葉さんによる口上付の解体ショウどちらも非常に興味深く楽しいひと時であった。
またこのようなイベントがあれば、是非参加したいものです。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012年5月19日 格之進R

5月19日 いわてと絆を深める会のその四として開催された格之新Rの一日限定の食べ放題
数日前からコンディションを整え、六本木へ。

116_20120604021426.jpg


前菜盛合わせ
まず出てきたのは前菜盛合わせ(こちらは食べ放題ではありません)
118_20120604021425.jpg


煮こごり
前回来訪時に出していただいてからのお気に入りの煮こごり。
販売してほしいくらいの気に入りよう。
☆5
120.jpg


ローストビーフ
しっとりとした舌触りと、しっかりとした肉の旨味が堪らない。
☆4
122_20120604021424.jpg


ドライトマトのオリーブオイル漬け
123.jpg


ピクルス
125_20120604021551.jpg


バーニャカウダ
食べ放題に含まれているバーニャカウダ
箸休めに最終的に3回ほどおかわりしました。
126.jpg


モモ肉のサイコロステーキ
食べ放題とは思えないモモ肉のサイコロステーキ
濃厚な味わい
☆4
127.jpg


イチボ
ジューシーな肉汁と濃厚な旨味が溢れる一品
またふんわり漂う熟成香がいいね
☆4
129.jpg


塩キャベツ
口直しの塩キャベツ
130.jpg


ミスジ
ミスジは脂が少し強めでまあ普通といった印象。
とはいえ食べ放題のレベルではない。
☆3.5
131_20120604021547.jpg


トモサンカク
この日一番だったのはトモサンカク
ナッツに近い強い熟成香が非常に心地よく、充分な旨味と肉汁が噛むほどに溢れだしてくる。
☆5
132_20120604021645.jpg


トモサンカク/ランプ/イチボ
ランプは残念ながら写真を撮り忘れたため、こちらの集合写真で。
ランプはいささか水分が飛んだしまった感じ
☆3
133_20120604021644.jpg


トリハラミ
鶏のハラミは初めて食べたが、あっさりしていて旨い。
☆4
134_20120604021643.jpg


センボンスジ
結構な歯ごたえがあり、終盤に持ってきたのは失敗だったかも。
旨味が少し弱く感じたが、初めて食べる部位と満腹のため正常な判断ができていなかったかも…
☆3
135_20120604021642.jpg


ヒモ
脂の甘みも中々で、特に皮目のところの旨味が強い。
☆3.5
136.jpg


冷麺
137.jpg


1日限定のイベントということもあるが、どれも食べ放題(飲み放題付)とは思えない肉クオリティ。
大満足の1日でした。

ちなみにこの日2名で食べた量

●前菜
●モモ肉のサイコロステーキ×2
●イチボ×2
●ランプ×1
●ミスジ×1
●トモサンカク×2
●トリハラミ×2
●センボンスジ×1
●ひも×1
●塩キャベツ×3
●バーニャカウダ×4
●ミニ冷麺×1

さすがに食べすぎました。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012年2月9日 格之進R

格之進の千葉さんが、諸事情により東京にいらしていることなので、
久々お任せコースをいただくことに。


ピクルス
001_20120212000131.jpg


バーニャカウダ
003_20120212000131.jpg


キムチ
004_20120212000130.jpg


シャブシャブ/ビーフジャーキー/ローストビーフ
こちらのビーフジャーキーは私にとっておなじみの一品であるが(爆発するような肉のうまみが堪らない一品)
ローストビーフは初めていただいたが、これもまた非常に美味。
しっとりとした舌触りに、確かな肉の旨味…これを旨いと言わずして何と言おうか。
シャブシャブ/☆3
ジャーキー/☆4
ローストビーフ/☆4.5
005_20120212000130.jpg


煮こごり
普段煮こごりというと、どうしても甘辛くご飯のお供といったイメージが自分の中にあったのだが
この煮こごりは非常に上品な味であった。
最後に香ゴマの香りが非常に堪らない。
食べ終わる時、もう終わってしまうのかと非常に名残惜しくなる一品。
☆4.5
007_20120212000129.jpg


タン
よくある縦にカットされたタンではなく、水平にカットされたタン。
格子状に入った隠し包丁による肉汁の流出がいささか気になるが、
ザ・タン!!といった主張の強い旨味。私結構は好きだな。
☆3
012_20120212000129.jpg

020_20120212000648.jpg

022_20120212000648.jpg


ヒレの頭の部分
ヒレ耳ではなく、ヒレノ頭の部分だそうな。
初めて食べたこちらの部位は、いささか繊維質であるが、
確かな熟成香と、旨味を感じる。
☆3
016_20120212000311.jpg


三角バラ
香はいいのだが、脂の甘みが少し弱いかな。
☆3

013_20120212000313.jpg


ネクタイ
牛のノドスジや、ネックといわれる分ではなくおしりの部分のネクタイ。
ミルキーな熟成香は強いが、それ以外の印象は少し薄いように感じる。
☆3
015_20120212000312.jpg


リブ芯
リブ芯はタテバラと食べ比べをさせていただいた。
肉の旨味は十分だが、脂の甘みがいささか弱いように感じた。
個人的にはタテバラに軍配を上げたい。
☆3
014_20120212000312.jpg


タテバラ
今回一番やられたのはこのタテバラ。
鼻にスゥッと抜ける熟成香肉の後に、口の中に爆発する肉の旨味がが堪らない。
そして塩加減がなんとも好み。
堪らない一品。
☆4.5
017_20120212000311.jpg

025_20120212000646.jpg

026_20120212000750.jpg


まき
香はいいのだが、脂自体の旨味は少し弱いかな。
☆2.5
018_20120212000310.jpg


ランプ
こちらも火入れがいささか強いように感じた。
赤身肉はどうしても火が入る過ぎると、ぱさっとした食感になってしまうように感じる。
とはいえ文句なしの旨味。
☆3.5
019_20120212000649.jpg


ヒレ
ヒレはどうしても私の好み的に、ゆっくりと火を入れたものが好きなこともあり、
強火で焼かれた表面がぱさっとした印象を受けた。
とはいえ、肉の糖分でキャラメリゼされたヒレの香りも堪らないな。
☆3.5
024_20120212000647.jpg


ポパイ冷麺
こちらの冷麺非常に出汁のバランスが素晴らしい。
今回は裏メニューでのポパイ冷麺をいただいたがやはり出汁、麺の触感ともに素晴らしい仕上がりであった。
☆4.5
027_20120212000749.jpg


全体的に熟成香が強く、いささか似通った印象にある肉たちではあるが、非常に力強いい肉の味を感じる。
そしてこちらのお肉の加工食品が本当に美味しいのだ。
繊細な肉にはない、荒々しくも力強いこの肉たちは、その手を加えることにより、さらなる高みに上るのではないだろうか。
煮こごりはお土産でいただいたのだが、家で噛みしめながら食べている。

是非それを味わってみたいものだ。


個体識別番号
0839-25385

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。