スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年5月11日 家

私が住む家の近くに、昔から地元の方々に愛されている昔ながらの精肉店がある。

こちらのお店は私の心をくすぐるお肉を取り揃えていることが多く、ついついフラフラと吸い寄せられてしまうことが多い。

この日購入したのは近江牛の肩バラ。
しかも100g480円という庶民には嬉しい特売価格だ。

店主曰く、余り形が良く無いためこの価格で提供したとの事だが、私にとってはたいした問題ではないためこのブリスケを使用し蒸篭蒸しにすることに。


455.jpg


457.jpg


464.jpg


軟白ネギ、水菜、しめじと共に蒸篭蒸しにしたブリスケは、火入れに難はあったものの、家で食べるには十分美味しかった。
たまには家でこんな食事も悪くない。
スポンサーサイト

テーマ : 肉料理
ジャンル : グルメ

2013年4月27日 家

何とか休みを確保するためがむしゃらに働き獲得したGWの初日。
さすがに屍と化していた自分の体を休めるべく家でゆっくりすることに。

とはいえ疲れた体が肉を欲しているのもまた事実。
近所の精肉店に向かい肉を物色する。

当初はヒレを購入してヒレカツにする予定だったのだが、残念なことにヒレが売り切れだったため急遽路線変更を。
田村牛のサーロインを400g購入しロースカツにすることに。


230_20130614001819.jpg

235.jpg


薄く衣を纏ったサーロインは、カツにすることで逆にあっさりとした印象に。
家にあったトリュフ塩で美味しくいただいた。

テーマ : 肉料理
ジャンル : グルメ

2013年1月16日 家

予想通りの忙しさにささくれ立っていた私。
普段より少し早めに帰宅したものの焼肉を焼くには遅すぎる時間。
焼けないストレスを解消するべく、真夜中の料理をすることに。

今回はとあるルートから手に入れたスネ肉を時間もないこともあり醤油煮に。

ぎこちない手つきで掃除をしたスネ肉をひたすら煮込んでたら、ストレスも少し軽減されるようだ。


067_20130326001644.jpg

069_20130326001645.jpg


やはり牛肉を触るのは楽しいですね。

テーマ : 肉料理
ジャンル : グルメ

2012年12月30日 家

年末休みは来るべくお正月に向け、某所で手に入れたタンゲタを家にて調理することに。
包みを開けたタンゲタはそのままスライスして塩で食べるのが好ましいか一瞬悩むところだが、その後に控えた肉の事を考え当初の予定通りシチューにすることに。
それにしても美しい。
284.jpg


今回は簡単にシチューを作るべく、香味野菜をざっくり刻みホールトマトや赤ワイン等と共にすべてを圧力鍋に任せることに。
286.jpg


出来上がりは肉のポテンシャルにすべてを任せたため上々。
2013年元旦の朝食に昨年一年の食肉にかかわるすべてに対する感謝と敬意を払いながらいただきました。
002_20130323002717.jpg

ご馳走様でした。

テーマ : 肉料理
ジャンル : グルメ

2012年12月30日 家

〆の焼も終え、実家に変える準備を行いながら私は最終的な意味での〆の肉の準備を。
そこに登場したるは三ノ輪七厘の素晴らしきサーロイン。
一年の締めくくりに素晴らしい出で立ち、そしてその存在感だ。

箱を開けると何とも芳しい香りが私の鼻腔をくすぐり、艶めかしく自信を潤ませて私を誘惑するのだ。
抗えるはずもない悩ましい誘惑を一身に受け、その残像を抱きながら私は家路へと急ぐのであった。

287.jpg


289.jpg

※こちらのフォトジェニックなお肉達はシャブシャブとすき焼きにしていただきました。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012年12月1日 家

私の趣味のひとつとして料理がある。
趣味といっても胸を張って趣味といえるほどのものではなく、せいぜい下手の横好きレベルといったところなのだが、料理をしている時間は非常に楽しく私にとってストレス解消になるのだ。

あるルートよりすばらしいスネ肉が手に入ったため、自宅にて赤ワイン煮込みを作成することに。


スネ肉(掃除前)
050_20130103163351.jpg


スネ肉(掃除後)
051_20130103163351.jpg


たまねぎは炒めること約1時間半
053_20130103163351.jpg

057_20130103163351.jpg


今回使用した甘口のワイン
061_20130103163352.jpg


完成
064_20130103163432.jpg


正直このようにいいお肉を素人の私が、趣味で調理してもよいのだろうかといささか罪悪感を感じるが
調理中に立ち上るすばらしい芳香を胸いっぱいに吸い込むと、そのような考えは瞬時にどこかへ言ってしまっていた。
しばらくポルチーニと和牛とワインの香りが部屋に充満しており、なんとも贅沢なフレーバーとなっていた。

テーマ : 肉料理
ジャンル : グルメ

2012年9月9日 荒川フードフェスティバル

私が日ごろお世話になっている七厘が、第3回荒川フードフェスティバルに参加するとの知らせが私のもとへと届いた。
しかも販売するは七厘で使用している肉を使った七厘ボール(メンチ)で、価格はなんと100円という破格。
これは参加しないわけにはいかないということで、朝食を抜いていざ人生初の日暮里駅へ。


日暮里駅に到着し、アーチをくぐるとそこには見慣れた写真もとい看板とメンチのいい香りが。
看板の奥で作業する中原さんや大竹さんたちにあいさつを済ませ七厘ボールをとりあえず4つ購入。
029_20120910002909.jpg


七厘ボール
こちらがお目当ての七厘ボール。
アツアツのメンチを頬張って中原さんに頂いたビールを一口。
ジュワーッと溢れる肉汁とキンキンに冷えたビールの相性は最高で、この暑い陽気に非常にマッチしている。
もともと、町のお肉屋さんなどで揚げたてのメンチカツをいくつか買って、ビール片手に散歩などするのが大好きな私。
この太陽の下、ビールを一口メンチを一口大忙しに胃袋に流し込む。
何とも幸せな日曜日の午後。
028_20120910002909.jpg


結局最初に買った分はビールと共にあっという間になくなり、即座に追加購入を。
最終的に食べたのはおそらく10個以上…。いくら朝ごはんを食べていなかったとはいえ、さすがに食べすぎです。

手をティッシュで拭いているところにスタッフの方がおしぼりを出してくれるなど、さりげない気配りもお店と変わらず素晴らしい。

一生懸命働く皆さんを眺めながらビールを飲み、時に中原さんと談笑し、絶品メンチをひたすら頬張る何とも楽しくけしからん休日を過ごしました。

中原さん、大竹さん、スタッフの皆さんどうもありがとうございました。

ちなみに七厘ボールは家・お土産用に20個ほど買って帰りました。

テーマ : フェス
ジャンル : グルメ

2012年5月2日 マンジェ

焼肉ではないのだが、どうしてもこのお店について語りたかったたため番外編で。
大阪梅田から30分ほど電車で移動した場所、八尾にそのお店はある。
普段はあまりとんかつを食べない私だが、このお店のとんかつは別格だ。

カボチャとジャガイモ冷製スープ
クリーミィで甘みのあるスープは何とも言えない味。
これで450円ってすごいですね。
☆4.5
001_20120504224601.jpg


とんかつ三昧
六白黒豚、特ロース、特ヘレが一度に味わえるとてつもなく贅沢な一品。
トリュフ塩とともに頬張れば、目の前に天国が広がるほど。
官能的旨さ。
☆5
007_20120504224600.jpg


極太ホワイトアスパラのフライ
北海道 長万部産の極太アスパラを贅沢に挙げたフライ。
アスパラ自体の直径で3㎝近くあり、衣の中に閉じ込められたホワイトアスパラの香りがかじりついた瞬間に立ち上る。
ひたすら旨い。
☆5
012_20120504224600.jpg


ヒレカツサンド/ロースカツサンド
ヒレカツサンドとロースカツサンドは持ち帰りで。
翌日の朝ご飯にガッツリと頂きました。
001_20120504231229.jpg

002_20120504231228.jpg


私の中で世界一のとんかつであるマンジェ。
是非大阪に訪れる際は八尾まで足を延ばしてこの最高のとんかつを味わってほしい。

テーマ : トンカツ・豚カツ・とんかつ
ジャンル : グルメ

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。