スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月4日 くいしんぼー山中

今回の遠征はかなり短期間のため、山中はランチをチョイス。
この日はステーキランチとアラカルトでオーダーすることに。


ベイクドポテト
887.jpg


栗の冷製スープ
いつも夜に伺っていたこともあり、初の栗のスープ。
栗の甘みが心地よい一杯。
コンソメもいいけど、これも美味しい。
888.jpg


ステーキ
こちらはコースのステーキ。
山中でのランチは初めてなので、このテリヤキソースでステーキを食べるのは初めて。
テリヤキといっても非常にあっさりした味わいのため、クセのないこのお肉に良く合っている。
噛むほどに溢れる旨味が堪らない。
889.jpg


ビーフカツ
今回はランチということもあり、胃袋にかなり余裕があったため夜のメニューであるビーフカツを追加オーダー。
部位はヒレで、香ばしい衣とヒレの芳醇な香りが素晴らしく合っている。
そしてこのデミグラスソースがまた素晴らしく、その旨さは思わず感動してしまう程だ。
890.jpg


カレーライス
今回初めて食べたカレー。
ずっと食べたいと思っていたのだが、いかんせんビフカツやハンバーグで満腹になってしまい中々カレーに辿り着くことが出来なかったのだ。
近江牛がたっぷり入った非常に贅沢なカレーで、香辛料もしっかりと効いている。
これも旨いなあ。
お肉の存在感が強く、結構食べごたえがあるため追加オーダーの場合は注意が必要。
私もさすがにかなり満腹になりました。
893.jpg


シェフ特性デザート
前回と同様メロンのショートケーキを基調とした一皿。
私はどちらかというと甘いものはあまり得意ではないのだが、こちらのデザートはするっと食べられてしまう。
どこか懐かしい輪郭を描きつつ、上品で高品質。
この懐かしい味わいが私の心の琴線に触れるのかもしれない。
894.jpg


非常に満足度の高いランチであった。
一つ残念なのはこのお肉は京都までやってこないと食べられないことかな。

私は関東在住のため流石にそう頻繁には京都まで足を運べないのだ。
次にこちらに来るのがいつになるかは定かではないが、次回遠征時もた桂へ足を運ぼうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ステーキ
ジャンル : グルメ

2013年9月23日 くいしんぼー山中

関西遠征において外せない店の一つであるこちらくいしんぼー山中。
桂から15分ほど歩いたところにそのレトロ感あふれるお店が存在する。

この日は遠征時にお世話になってる友人と共に、フィレステーキコースをオーダー。

オーダーしたのはオーソドックスにフィレステーキコース
この日の牛は個体識別番号0202893394の36ヵ月肥育の雌の但馬牛(美方産)。
560.jpg


ベイクドポテト
556.jpg


お肉のオードブル
ローストビーフは前回よりもしっかりとした火入れ。
お肉の香りと、しっとりとした食感、スッキリとした旨みが何とも言えぬ幸福感を与えてくれる。
559_2013120823440926a.jpg


お魚のオードブル
甘鯛のバターソース
普段肉ばかりに目が行き、魚を食べる機会はあまりないのだが魚も好きだ。
身に弾力がありバターのコクと香りが堪らない。
562.jpg


スープ
今回も冷製のコンソメスープ。
シンプルに肉を体現したそれは相変わらず素晴らしい旨さ。
その琥珀色の輝きに私はしばしうっとりと見とれる。
563.jpg


グリーンサラダ
566.jpg


特選近江牛フィレ
その肉の深いあずき色は輝くほどに美しく、私の目を捕え離さない。
癖のないスッキリとした印象ながら、お肉そのものから溢れる深い味わいは私に至福のひと時を与えてくれる。
旨い!!
568_20131208234423b4d.jpg


お漬物
572.jpg


ジャンボハンバーグステーキ
追加でオーダーしたのが胃袋の関係で中々オーダーがかなわないジャンボハンバーグステーキ。
ドーナツ状のハンバーグの空間を占める半熟卵をみると、思わず笑いがこみあげてくる。

お肉そのものの旨みが際立った最高のハンバーグ。
京都に住む方たちの中には、子供の頃からここでハンバーグを食べて育つ人もいるのだろう。
思わずその境遇に嫉妬してしまいそうになる。
573.jpg


シェフ特製デザート
この日のデザートはメロンのショートケーキと巨峰のコンポートシャーベット。
山中のデザートは、一見昭和の香りを漂わせる程シンプルでどこか懐かしいのだが、非常にクオリティが高い。
ショートケーキのしっとりとした上品な口解けは、普段甘いものをあまり食べない私でももうちょっと食べたいと思うほど美味。
578_2013120823442734f.jpg


フィレコースを一通り食べてからジャンボハンバーグを追加し、味見分を除き一人で平らげてしまった。
テーブル中央に取り分け易い様サーブされたジャンボハンバーグを自分のほうに引き寄せ、いとも容易く平らげていく私を隣のテーブルの女性陣が引いた目で見ていたことを知るのはもう少し先の帰り道の事。

今回はハンバーグで満腹だったので、次はステーキとビフカツですかね。

テーマ : ステーキ
ジャンル : グルメ

2012年5月4日 くいしんぼー山中

かねてから行きたかった、京都・桂のくいしんぼー山中へ
今回旅行のメインの一つであるこのお店を目指すべく、小雨降る中足早に店に向かう

今回選択したのは、ロースステーキコース。
フィレステーキコースとも正直迷ったのだが、ヒレカツがどうしても食べたかったため
ロースステーキコースにアラカルトでヒレカツをオーダー。

見えてきたのは、レトロ好きには堪らないかわいらしい看板。
027_20120506184028.jpg

箸袋にも看板と同じプリントが
028_20120506184026.jpg

なんと紙ナプキンまで。レトロな佇まいに心惹かれます。
031_20120506184025.jpg


じゃがバター
まず最初に運ばれてきたのはじゃがバター。
コロンとしたバターがかわいらしい。
033_20120506184024.jpg


お肉のオードブル
ローストビーフ
しっとりとした口当たりのローストビーフは、笑いを誘うほどの旨さ。
溢れる肉の旨味と香の衝撃に私はフリーズし、
いつまでも飲み込まず味わっていたい夢心地にしばし酔いしれる。
☆5
037_20120506184023.jpg


お魚のオードブル
甘鯛のバターソース
弾力のある甘鯛は甘みと旨味と香高いバターソースが混然一体となって得も言われぬ快感を紡ぎだしている。
☆5
042_20120506184116.jpg


冷製コンソメスープ
この黄金のジュレ状の液体は肉そのものであるといっても過言ではない。
心地よい冷たさの、フルフルと艶めかしく揺れるその姿から想像できないほどの強い肉の味をこのスープは秘めている。
これほどまでに「肉」そのものなコンソメスープを飲んだのは初めてかもしれない。
スプーンにすくわれたそれは、器を通してみるよりはっきりとした鼈甲の色合いで、口に運ばれながらかすかに揺れる。これを官能的と言わずして何と言おうか。
☆5
044_20120506184115.jpg

047_20120506184114.jpg


コッペパン
049_20120506184113.jpg


グリーンサラダ
051_20120506184112.jpg


特選近江牛ロースステーキ(150g)
但馬血統の近江牛はミディアムレアで
もはや語るほどのことがない程の旨さ。
カリッと焼かれた表面、この上ない香り、旨味、そして火入れ、それを言葉で表すならば至福以外の何があろう。
☆5
041_20120506184022.jpg

052_20120506184112.jpg


ヒレカツ
言葉では語ることのできない、最高のヒレカツがここにある。
このヒレカツに少しでも心を奪われた人間は、今すぐにでも京都へ向かうべきだ。
☆5
056_20120506184145.jpg

057_20120506184144.jpg


デザート
抹茶のムースと苺のシャーベット
抹茶のムースは抹茶の香りが非常によく、甘いものをあまり得としない私でもペロリと食べられるような絶妙な甘さで、
イチゴのシャーベットは上質の苺から作られたコンフィチュールのよう。
美味。
058_20120506184144.jpg


食後にご主人との会話から感じられた肉への愛とこだわり、また肉の話は非常に楽しく、心地よく私をいとも簡単に虜にしてしまった。

そして今現在、写真を見ながらここで出会った肉達を思い出すたびにため息が出てしまう程、この日出合った肉達によって深く刻みつけられた感動。
次にこの肉たちに会えるのはいつになるのだろうか。

最高の肉との出会いは、まるで思春期の女学生のような気持ちを私に呼び戻したのだった。

テーマ : ステーキ
ジャンル : グルメ

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。