スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3月25日 ゆうじ

折角少し行き過ぎた焼肉愛をもつ方々と集まったからにはやはりハシゴするべきだろう。
ということでこの日は渋谷ということもあり次のお店はゆうじへ。

1044.jpg


モツ煮込み
ゆうじ経験値に乏しい私では中々単体で味わえないモツ煮込み。
シンプルな味付けが素材の良さを物語る一品。

これホントに旨いよなあ。
1009.jpg


ハツ/サガリ
ハツ
お馴染みのハツ刺しは、新鮮なハツノ味わいと甘めのタレの味わいが本当に堪らない。
子供のころ夢見たホールケーキみたいに心行くまで食べてみたい衝動に駆られる。
やはり素晴らしいね。
サガリ
サガリも旨い。
全く臭みのないサガリにこの甘めのタレが与えるベクトルは全く別の方向性。
勿論サガリ自体も非常に香が良く味がしっかりとしており旨いのだが、それ以上にこのタレの素晴らしさに心奪われてしまう。
バケツ一杯欲しい。
1016_20140710222915eee.jpg


ハツのタタキ
タタキ状に仕上げられたハツは、ムッチリとした食感に香ばしさが加わっていて何とも美味。
見た目からはわかり辛いが、タレにはバターが加えられておりハツに思いがけないアクセントを与えている。
ハツとバターの風味はこんなに合うものなのか…と思わず唸らずにはいられない。
(勿論裕師さんの素晴らしいセンスと調合によるものなのだろうが)
1031.jpg


レバ
噂を聞いてからずっと食べたかったこのメニュー。
生で食べても素晴らしく旨いであろうレバを、コックリした甘めのタレですき焼状にしていただくスタイル。
レバの甘み・香りとタレの甘みが非常に素晴らしいコンビネーションを呈している。

噂にたがわぬ素晴らしい味!!!
1038.jpg


ホルモンせんべい
流れの中では小休止的な存在だろうか?とはいえこれはお酒を飲む人には堪らない味だろう。

私自身焼の際にのみ基本アルコールを摂取しないとしているのだが、ビールのあてにこれがあったら最高だろうなという味。
特に私の様なお酒にあまりつまみを要さないタイプには延々と飲めてしまえる味だろうと思う。
あとは残業の時につまめたらさいこうだろうなこういう味は(個人的に)
1045_20140710222929a16.jpg


ホルモン盛り合わせ
アブシン・食道・コリコリ・フワ・ヤン・ギャラ・ミノ・ガツシン・シマチョウの盛り合わせ。
どれも素晴らしい美味しさだったのだが、特に印象に残ったのはヤン、アブシン、食道。
瑞々しい食感と部位特有の複雑な味わい・香、・それを引き立たせる味付けどれをとっても素晴らしいもの。
この一皿に有事の素晴らしさが如実に表れているね、本当に素晴らしい!
1058.jpg

1059_201407102229339f7.jpg


カレー
昔ながらのカレーの印象を残しつつ、しっかりした輪郭と程よく香るスパイスのバランスが秀逸なゆうじのカレー。
このバランスが有事のカレーの素晴らしいところ。

昔学生の頃カレーに嵌り、狂おしいほどにインドカレーを制作していた私だがスパイシーなカレーよりもこういうどこか懐かしさを感じるカレーの方が難しいと感じる。
どこか懐かしい味を作り出すのは懐かしい味そのものだと物足りないし、とがりすぎるとその懐かしさが消えてしまうのだ。
ホルモン同様素晴らしいバランスのカレーだと思う。
1092.jpg


プリン
どちらかというと辛党なタイプだが、こういうしっかりした味わいのプリンは好き。
美味だなあ。
1096.jpg


やはりゆうじは素晴らしいお店ですね。
もっと通わなきゃなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2013年8月8日 ゆうじ

中々焼きの予定が入れられずクサっていた私に、ある日突然のうれしいお知らせが。
どうもゆうじにてお任せを予約していたのだが、予定日数日前に急に1名欠員が出たとのこと。
ありがたいお誘いをいただき、2つ返事で予定を空け(仕事を放棄)渋谷に向かうのだった。


煮込み
柔らかなあたりの出汁は、塩加減も抜群で体の隅々までいきわたるよう。
常連さん曰く、いつもよりあっさり目とのこと。
005_2013120320283988c.jpg


しんしんのステーキ
香ばしく焼かれたしんしんのステーキは少し火が入りすぎている感はあれど野性味あふれる血の味が濃厚。
009_2013120320284121c.jpg

011_20131203202842701.jpg

013_20131203202843f12.jpg


とうもろこしのすり流し
皮の触感をやや残したとうもろこしのすり流しは自然な優しい甘さが心地よい。
016_20131203202845b7f.jpg


ハツの素揚げ/上ミノの唐揚げ
ハツはムチムチした食感で香りが強い印象。
こちらもかなり火が入った感がある。
上ミノの唐揚げは衣の味が強く、全てを衣にもっていかれているような印象を受けた。
味が強いためミノの良さが消えてしまっているようにも感じる。
022_20131203203205d24.jpg


ヒレ
ジンギスカン風にしていただくヒレは赤身の味が強いあっさりしたタイプのヒレ。
良い意味で荒々しく香りが強い。
レア目よりもしっかりと火を通したほうが香りが立つように感じた。
028_20131203203206af7.jpg

032_20131203203208ee8.jpg


しゃぶすき
しゃぶすきはサーロとシキンボの2種類を大根おろしの入った卵と絡めていただくスタイル。
タレと肉と卵の織り成す絶妙なハーモニーは秀逸。
特にシキンボは肉の味がしっかりとしていて、程よい歯ごたえが心地良く印象に残った。
サーロイン
035_20131203203223fa1.jpg

シキンボ
043_20131203203225ded.jpg

033_20131203203209045.jpg


タンしゃぶ
わかめとネギと一緒に頂くスタイルのタンしゃぶは、タン特有の滑らかな舌触りとクリーミィな旨みが堪らない。
絶妙な出汁を身に纏ったタンは官能的とすら感じる。
045_201312032032281ce.jpg

044_20131203203226e1c.jpg


うどん
タンしゃぶが終わった後の絶妙な出汁を使用して出てきたうどん。
これがもううまいのなんのって。
罪深い味だ。
052_20131203203229c79.jpg


ホルモンミックス
一通り食べた後はホルモンミックスを追加。
ゆうじのホルモンは安定しして旨いなあ。
054_2013120320324099e.jpg


杏仁豆腐
アーモンドの様な香りが堪らない杏仁豆腐は、肉を大量に摂取した後でもするすると入っていく。
この杏仁おいしいなあ。
061_20131203203241a73.jpg


この日急遽舞い込んだ幸運と網を囲ませていただいたにただただ感謝です。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2013年4月17日 ゆうじ

またしても微妙に早く帰れることになった定時退社日。

この貴重なる空き時間を焼きに当てるため渋谷のゆうじに向かう。

比較的遅い時間だったこともあり、この日もほぼ待ちなしで入店することが出来た。

カウンターに座り、珠玉のホルモンたちを今か今かと待ち構える。


ハツ刺し
さっぱりした味としっかりとコクのあるタレの織り成すハーモニーは絶妙。サクッとした食感は心地よく、1つ、また1つと胃の中に納まってゆく。
旨い。
☆5
466_20130613235313.jpg


ツラミ刺し
コクのあるツラミをポン酢でサッパリと。
ポン酢とツラミの旨みの相性が素晴らしく旨い。
☆5
467.jpg


レバー
前回来訪時ほどの衝撃は感じなかったが、十分素晴らしいレバー。
甘みがあり濃厚なコクの余韻に浸る。
☆4
470_20130613235315.jpg


タン
噛み締める度にあふれるタンの旨味に舌鼓を打ちながら堪能する。
旨いよなあ。
☆4
471.jpg


ホルモン
塩加減が絶妙なシマチョウ。
脂に甘みがしっかりとあり、スルスルと胃袋に収まってゆく。
本当に美味しい。
☆4.5
472_20130613235319.jpg


ハラミ
私はゆうじのこのあっさりしていてコクのあるハラミが本当に好きだ。
本当にいくらでも食べられそうな錯覚に陥る。
☆4.5
473_20130613235342.jpg


この他ミノとカレーを頂いたが写真を取り忘れるという失態を犯す。

疲れもあったせいだろうが、どうやらハラミに心を奪われその後全てきれいに忘れていたようだ。

平日の遅めの時間に伺ったこともあり、良くその時間帯にゆうじで焼いている焼肉マニアの方が話題に上った。

偶然遭遇したりして、等と話しながら焼いているとまさに本人が来店され、私の横の席に。

偶然ってあるものですね、それにしても世間は狭いですね。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2013年3月29日 ゆうじ

結局3月もずるずると忙しいまま肉の日の予定すら入れられずにその日を迎えてしまった。

肉への執念ひとつで仕事を何とか終わらせ、あろう事か即その日の焼き場の確保に急ぐ。
無謀な試みへの返答は想像通りで、4件ほど空振りに終わった後この店を思い出した。

そうだ!ゆうじだ!ゆうじがあった!

ゆうじならば並べば食べられる上、29の日に相応しい美肉と対峙できることは必至。

たといあの拷問のような芳香が漂う店の前に何人いようとも待てばよかろうなのだァァァァッ!!

そんな心の叫びをあげながら、スペイン坂をダッシュで駆け上がるりお店の方角へと向かう私。
信号に捕まりながら更に走ること5分。
うっすらと汗ばみながらお店の前に着くとなんと幸運なことに外であれば待ちもなし!

美しい夜桜を眺めながら、肉たちとの邂逅を待つのだった。


ハツ刺し
サックリとした心地よい歯ざわりのハツ刺しは、最高にクリアな味で、恐ろしいほど旨い。
そしてやはりこのタレ、ホント旨いよね。
☆5
081_20130610235921.jpg


レバ焼き
甘くてねっとりとした舌触りのレバーは生で食べることが出来ないのが口惜しいほどに甘くて濃厚だ。
身震いが起こるほど旨いレバーに酔いしれながら、一つ、また一つと味わう。
☆5+
082_20130610235922.jpg


タン
上タンは品切れのため並みのタンをオーダー。
並みといえど充分旨い。
適度な歯ごたえを楽しみながら咀嚼するとタンの旨味が口いっぱいに広がる。
いくらでも食べられそう。
☆4
084_20130610235923.jpg


ホルモン
クリーミィで甘い脂に、それを際立たせる味付け。
ああもう本当にうまいね、脳から分泌される快楽物質に身を委ね、その快感を貪る。
☆5
087_20130610235924.jpg


上ミノ
シコシコした歯触りが心地よく、すっきりした旨味は疲れた体に染み渡るようだ。
本当に旨い!
☆5+
088_20130610235926.jpg


カシラ
噛みしめる度にしっかりと濃厚な旨味と甘味が、口の中に広がってゆく。
旨いよなあ…。
☆4
090_20130610235958.jpg


ミノサンド
適度な歯ごたえと甘くてクリィミーな脂の旨味。
ミノサンドって最高に旨い。
大好きな部位なのだが、あまり関東では多く見かけないのが残念。
さらっと行って、さっとこんなレベルのミノサンドを提供されちゃうともう嬉しくて小躍りしたくなるね。☆5+
091_20130610235959.jpg


ハラミ
サシが強いハラミではなく、こんな風な赤身バリバリのハラミも大好き。
どちらかを選べと言われたら私はどうするんだろうなどと、良くわからない二者択一の妄想をしながらほくそ笑む。
個人的に赤身の強いハラミはサシが強いものより若干レア目に食べるのが好き。
なんかもう幸せすぎて胸がいっぱいです。
☆4.5
093_20130611000000.jpg


テール
本当に素晴らしいテール。
胃袋に余裕があればおかわりしたかったな…。
噛み締めるとあふれ出す濃厚かつ芳醇な旨みを味わうと、まるで天にも昇る気持ちになる。
尻尾まで美味しいとか牛は偉大ですよ、本当に。
☆5+
095_20130611000002.jpg


ハツ
ザックザクのハツは一遍の曇りもないクリアな味とその清涼感。
その清涼感の中ふっと香る脂の部分の甘みが素晴らしいハーモニーを奏で私の心を躍らせる。
こんなハツなら延々と食べられそう。
☆5+
100_20130611000003.jpg


ギアラ
脂は何処までも甘く、皮目の部分は歯切れ良く小気味良い。
甘辛味噌ダレと脂と炭火によって生み出されるその香ばしさと甘みが私から言葉を奪ってゆく。
ひたすら旨い。
☆5
101_20130611000031.jpg


カレー
〆はこの日ゆうじに来ることを決めてから心の中で決めていたカレー。
この日のカレーは少しだけ以前よりサラっとした印象を受けたがやはり旨い。
ゆうじのカレーは旨いよなあ。
103_20130611000033.jpg


またしても当初焼くことかなわぬかと思われた肉の日だが、ゆうじのおかげで無事素晴らしいお肉との邂逅を果たすことが出来た。

素晴らしいお肉達と逢瀬を楽しんだ後は、その思い出を反芻しながら岐路につく。

素晴らしすぎて、うっかり翌日出社拒否に陥りそうな気持ちになるが、そうは言ってられない。

素晴らしい肉たちで骨抜きになった精神に活を入れる

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2012年10月17日 ゆうじ

突如湧き上がったゆうじへの渇望。ああ、ゆうじのホルモンが食べたい…。
そんな気持ちを胸に、行列覚悟で急遽渋谷へ向かう。
思わず走り出しそうになりながら(実際小走りをした)はやる気持ちをお押さえてゆうじへ。
その日は幸運なことに行列がなく、しかも待ち時間なしでギリギリ入店することが出来た。
自分の幸運を噛みしめながらカウンターに座る。


48685658_bigv1350169863.jpg


ハツ刺し
臭みのないクリアな旨みのハツ。
久々に食べたがやはり旨い。
☆4.5


レバ焼き
新鮮なあるレバは、もちろん焼いても臭みなどするわけもなく甘みがある。
☆4.5


並タン
上タンがなかったため、並タンをオーダー。
並という事もあり、場所によるポテンシャルのバラつきもあるが、タンの濃厚な旨みはしっかりと感じられる。
☆3.5


シマチョウ
シマチョウは新鮮そのもので、臭みこそないが脂の甘みはいささか弱め。
☆4


カシラ
悪くはないのだが、カシラとしてはいささか肉の味・コクが薄めかな。
☆3.5


上ミノ
ザクザクの心地よい歯ごたえと、絶妙な味付けが堪らない。
☆4.5


ギアラ
フルフルの脂は非常に甘みが強く、タレとの相性も抜群。
素晴らしく旨い!!
☆5


ハラミ
臭みなどはないが、旨みが少し弱いように感じた。
普通かな。
☆3


ミノサンド
たっぷりの脂が詰まったミノサンドは、ざっくりとした歯触りとふわふわの脂のコントラストが秀逸で、噛みしめると甘く香ばしい脂があふれ出る。
…これは罪深い程に旨い。
☆5+


コプチャン
ふわっとした脂は甘く非常に香り高い。
脂の甘みとタレの甘みが絶妙で、ご飯が欲しくなる味。
ただ2人で1人前の量はちょっと途中で飽きが来るかも。
☆4.5


カレー
肉の旨みがふんだんに詰め込まれたカレーは、出汁の味とスパイスの加減、味付けが絶妙。
大好きな味。
☆5


久々のゆうじは相変わらずのゆうじで何故かほっとした。
奥に団体の方がいらしたため、おまかせが注文できなかったが、単品注文も勿論旨い。

お肉の写真を撮れなかったのは残念だったが、まあこういう事もあるよね。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。