スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月30日 七厘

前回サトーブリアンで七厘の社長、料理長に遭遇してから、今年中に行こうと決めていた七厘。
仕事の関係で延び延びになってしまったが、年内に滑り込みセーフ。
謀らずとも七厘で焼き納めとなったのだが、今年を締めくくるに相応しい素晴らしい肉たちに出会うことができた。


今回仕入れた牛は 最優秀賞受賞牛 常陸牛 38ヶ月 雌とのこと。
焼き納めというタイミングでの嬉しい偶然に、まるで来年の肉運勢を暗示するようにも思えテンションは最高潮。
045.jpg


白菜キムチ
047.jpg


カクテキ
046.jpg


タン塩
かなりバタバタと予約したため、今回は幻のタンではなくタン塩をオーダー。
しっかりとした旨味と、心地よい歯ざわり。
☆4
048.jpg


サーロイン
今年1年で間違いなく1,2を争うサーロイン。
上品な甘さと香り、そしてまったくしつこさを感じさせないサラっとした上質な脂。
このような肉ならいくら食べてももたれることはないのではないだろうか。
年齢とともに、脂がきつく感じるようになってきた人にこのようなサーロインを召し上がっていただきたいものだ。
☆5
049.jpg


タテバラ
脂が強いが、全くくどさを感じさせず肉のうまみも強い。
非常に旨い。
☆4.5

シキンボ
しっとりとしていて、柔らかな口当たり。
☆4.5
050.jpg


ザブトン
香ばしくレアに焼き上げたザブトンは一口で。
口の中にあふれる旨味にと香に言葉を失う。
☆5
051.jpg


ランボソ
旨味が非常に濃く、旨味が強い。
☆4.5
052.jpg


ハラミ
ドゥルッとした出で立ちのハラミはツヤツヤと輝いて何とも艶めかしく、まるで絶世の美女のよう。
じっくりと表面を焼き固め、肉汁を閉じ込め頬張る。
この旨さは官能的。思い出すだけで顔が緩んでしまう。
☆5
053.jpg


トウガラシ
しっとりとした表面に、細かく美しいサシ。
ゆっくりと口の中でほぐれ、消えてゆく様は儚く抒情的ですらあり、私から言葉を奪ってゆく。
☆5
056.jpg


ヒレ
1年の締めの締めに相応しいヒレ。
極上のヒレが私から引き出したのは、言葉ではなくため息だった。
香高く、しっとりとした口当たりは思い出すだけでうっとりとしたため息をこぼさせるのだ。
☆5
057.jpg


冷麺
058.jpg


その他、カタサンカク、ウチモモ、切り落としも食べたのだが興奮のあまり写真を撮り忘れるという大失態を犯してしまった。
私は何か1つに夢中になりすぎるとほかのことが全く見えなくなるのだが、今回もあまりの肉の素晴らしさに心を奪われこのような事態に陥ったと思われる。
素晴らしい肉たちに心を奪われるも、自分を見失わない強靭な理性がほしいものだ。

それにしても本当に今回は1年の締めに相応しい素晴らしい焼きであった。
三ノ輪という自宅からはややアクセスし辛い場所ではあるが、早急に次回来訪日を決定せねば。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年12月29日 炭焼喰人

12月の肉の日は約二か月ぶりの炭焼喰人で。


キムチ盛り合わせ
021.jpg


炙りレバ
いささか野趣が強く、スジっぽさがあるが、甘みは十分。
☆3
022.jpg


上タン
上タンは厚切りにできるとのことだったので、厚切りにしていただいた。
超厚切りのタンは表面はカリッと、中はプルンとした焼き上がりに。
サクッとした歯触りが堪らなく心地よく、噛みしめると肉汁があふれ非常においしい。
☆4
023.jpg


厚切り上ハラミ
分厚いハラミはじっくりと周りを焼き固め肉汁を中に閉じ込め焼く。
口の中に溢れる肉汁は表現しがたい旨さ。
☆4.5
026.jpg


特上みすじ タレ
今回一番だったのはこの特上みすじ。
香高く旨味もたっぷり、甘めのたれに非常に合う。
☆5
029.jpg


極ウマ赤身肉(トウガラシ)
いつ来ても恐るべきコスパと肉オリティに唸らされる極ウマ赤身肉。
コクがあり、赤身の旨味がたっぷり。
…これで630円とは。
そして勿論おかわり。
☆4
031.jpg


特選上ロース(イチボ)
味が深く、風味が良い。
これで1050円…安い。
☆4
032.jpg


特上みすじ 塩
みすじが非常においしかったので、おかわりは塩。
勿論旨いのだが、個人的にはタレのほうが好きかな。
☆4
034.jpg


日替わりホルモン マルチョウ みそ
日替わりホルモンは平日はワンコイン。
コスパ抜群で勿論味も良い。
☆3.5
036.jpg


ハラミ
ハラミらしい力強いハラミ。
☆3.5
038.jpg


シャトーブリアン
本来なら2人前以上の厚切りでオーダーしたいところだが、今回は控えめに。
香高く旨味の凝縮されたシャトーは堪らない旨さ。
☆4
039.jpg

040.jpg


センター南から徒歩5分という中々マイナーな立地ではあるが、この店に行くためだけに横浜市営地下鉄に載る価値のあるお店。
コスパ、肉オリティも素晴らしく、肉愛溢れる接客も気持がよい。
年明けこちらのお店で開催される、肉好きの集まりが今から楽しみでたまらない。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年12月25日 醍醐 横浜

1軒目のビーフキッチン横浜は早々に切り上げ、近くの醍醐へ。

こちらは2度目の訪問だが、その時も横浜で焼きに失敗し、CPの良い醍醐を梯子したという流れで、今回とまったく同じ流れにいささか因縁めいたものを感じてしまう。


キムチ
010_20111231013317.jpg


カクテキ
011_20111231013317.jpg


上タン
バリバッリの冷凍タンは旨味が抜けてカスカスな感じ。
013_20111231013316.jpg


特選5種盛り
ザブトン
脂に甘みがあり、悪くない。
値段を考えればまあまあ満足。
017_20111231020123.jpg


ハラミ
スカスカとした印象で、ハラミらしい肉汁はない。
018_20111231020122.jpg


トモサンカク
スジっぽさがのこるが、甘みはまあまあ。
016.jpg


ヒレ
味が飛んでスカスカとした印象。
015.jpg


サーロイン
少し脂がきつくはあるが、値段を考えたら充分。
014_20111231013316.jpg


ビビン麺
かなり味が濃い。
019.jpg


全体的に塩がかなりきついので、表面の塩を落としてから焼くことに。
注文の際は塩なしで頼んで、後から振るほうがよいかも。
前回に比べ、肉質は全体的にかなり残念な感じだったが、非常に安価なためそこまで腹も立たない。


個体識別番号 12523-6723-1
松永牧場というところで肥育された牛らしい。
009_20111231013318.jpg

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年12月25日 Beef Kitchen 横浜

この日は横浜に用事があったためついでに焼くことに。
ビーフキッチン 横浜は私も何度か通ったことのある ビーフキッチン 中目黒の2号店。

キムチ盛り合わせ
切り干し大根のキムチが美味しい。
キムチ盛り合わせ


タン塩
下からタン先らしき部分が出てきたが、大きさからみるにかなり先端の部分だと思われ、かなりゴリゴリとしていて臭みも多い。
旨味より臭みのほうが勝っていたかも。
タン


カイノミ
味塩こしょうのようなジャンキー味が非常に強く何が何だかよくわからない。
脂がくどく、甘みもない。
カイノミ


ハラミ
見た目はあまりよくないが、味はまあまあ。
ただやはり味塩コショウが…きつい。
ハラミ


カメノコ
野菜を乗せたまま片面を焼き、そのまま巻いて食べる。
最初の一枚はスタッフが焼いてくれるのだが、私のは焼きすぎで同行者のはかなり温い状態。
肉の味自体は悪くないのだが、提供に不満が残る。
カメノコ


シンシン
この日食べた中では一番美味しかった。
しかしやはり提供方法(焼き)に不満が残る。
お手本としてスタッフが焼くだが、同じテーブル内ですら焼きに差が出るというのは提供方法に問題があるよう感じる。
シンシン自体は特に問題なかったのだが…
しんしん


切り落し
豚・ホルモンなどと一緒に味付られた切り落とし。
お得感・満足感は薄い
切り落とし


残念な結果に終わったが、今回一番気になったはサービス料について。
上にも少し書いたが、スタッフの焼きのレベルが一定水準に達していないうえに、ホールの接客自体も平均水準に達しているようにも思えなかった。
私自身、平均的なサービスでサービス料を取られることを高いなーと思ってしまう人間なので、今回はいろいろと納得がいかないように感じた。
中目黒店には何度か行き満足して帰宅していただけに、余計に残念に感じたのかもしれない。

横浜は焼肉不毛地帯だなあ。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年12月7日 焼肉屋さんのしみず

またしても急に焼きたくなったので、今回は比較的近めのしみずへ。

急に焼きたくなった時に比較的近くにこのような店があるのはありがたいことだ。


お通し
もつ煮
お通し


キムチ
キムチ


ナムル
舞茸と茄子が特に美味しい。
ナムル


レバ刺し
イヤな臭みはしないが今日のは甘みが弱かった。
☆3
レバ


ザブトンのレアステーキ
ザブトン自体の旨味は非常に良いのだが、やはりタレの味の主張が強すぎて、肉のうまみを消しているように感じる。
個人的には九州地方の少し甘めの醤油で是非食べてみたい。
☆4
ザブトン刺し


並タン
タンらしい旨味を感じられる。
☆3
タン


テール
前回は残念ながらなかったが、今回は運良くラスト1人前にありつくことができた。
表面をカリッと焼いたテールは、溢れる肉の旨味が堪らない。
☆4
テール


上ミノ唐辛子
いつもよりも隠し包丁が深かったように感じる。
臭みもなく青唐辛子がアクセントで非常に旨い。
やはり一度そぎ切りで食べてみたい。
☆3.5
上ミノ青唐辛子

上ミノ
鮮度の良いミノは美味しくて安い!
☆3.5
上ミノ


ハツ
厚めにカットされた塩味のハツ
練り辛子がついてきたが、レモン汁につけて食べるほうが好み。
安定のおかわり。
☆4
ハツ


焼きしゃぶロース
ガツンとした衝撃はないが、普通においしい。
☆3.5
焼きシャブロース


上ハラミ旨味が強く、噛みしめるたび肉汁があふれる。
旨い。
☆4
上ハラミ


上ハラミ
上ハラミが美味しかったので、塊でオーダーさせていただいた。
文句なしのハラミ。
次は塩で食べてみたい。
☆4.5
ハラミ

分けたハラミ


ユッケジャンクッパ(辛口)
超辛党の私でも、普通に辛いと思う程なので辛い物が苦手な人は普通にしたほうが無難かも。
同行者は途中でリタイアしていた。
ユッケジャン辛口


おまけ 個体識別番号
カルビ    長崎  0846426590
中落ちカルビ 鹿児島 0843221594
ロース    鹿児島 0248942223
上ロース   鹿児島 0248942223
リブ巻ロース 鹿児島 0248942223
ザブトン   鹿児島 0844165323
001.jpg

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年11月29日 よろにく

2011年11月29日、つまり「イイヤキニク」の日は念願のよろにくお任せコースを心行くまで堪能させていただいた。

よろにくに初めて訪れてから早数年。

開店当初から足を運ぶ度に新しい驚きや喜びを与えてくれたよろにくは、山の頂を当然の如く目指すかのように進化をし続け、あっというまに超人気店になっていった。

私といえば、よろにくお任せコースの人数の壁に阻まれること約4年。

今ほど焼肉に傾倒していなかったとはいえ、焼友達のいない私に4人の壁は非常に険しいものだった。

VANNEさんの好意で、早い時間であれば2人でもお任せをしていただけるとは言っていただけていたのだが(手の込んだ料理は除く)、さすがに申し訳ない思いが拭い去れず、お願いすることができなかったのだった。

思えば私をここまで焼肉に夢中にさせたきっかけを作ったのは初めて行ったよろにくだったかもしれない。

そんなよろにく夢のお任せコースを、縁あってご一緒させていただいた焼肉界の教皇ともいえるお方と、これまたイイヤキニクの日に迎えることができたのだからブロンズセイントの私が興奮しない筈がない。

めくるめく4時間超の夢の一時は泡沫のごとく私の頬をすり抜け、口福という名の歓びを私の中に落としていったのだった。


お通し
お通し


サーロイン 金平牛蒡を添えて
香ばしく焼かれたサーロインに金平牛蒡をのせて食べる。
初めの一口は牛蒡を乗せすぎたため、かなりの牛蒡の存在感だったが、通りがかったVANNEさんに「牛蒡はもっと少なめで」と言われ、言われるがまま牛蒡を減らし二口目を頬張る。
細めに千切りにされた牛蒡の触感と香がサーロインと調和して旨い。
サーロインと牛蒡のとりあわせは聞いたことがあるが食べるのは初めてだが、好きな味。
☆4
サーロイン

ごぼう


タン元 万願寺唐辛子を添えて
柔らかく、そしてサクッとした歯ざわりのタン元に、万願寺唐辛子をのせていただく。
半分は唐辛子のせ、もう半分はプレーン状態で。
☆4
タン

万願寺唐辛子

乗せた


ハツ
混雑していたため火が入りすぎてしまったため急遽片面焼きに。
肉オリティは申し分ないが、片面とはいえ火が入りすぎていたためちょっと残念な感じ。
☆3
ハツ


ハラミ
塊のまま焼かれ、肉汁でパンパンに膨らんだハラミは愛らしさすら感じる。
あふれる肉汁のシャワーに言葉はいらない。
☆4.5
ハラミ

ハラミ


ランプ
たまらない風味の赤身
☆4
ランプ

ヒレ
ヒレの芳しい香りに酔いしれる。
タレとのバランスも絶妙。
☆5
ヒレ


時雨煮 ふろふき大根を添えて
旨味の詰まった爆弾のような時雨煮と、ほんのりと柚子が香るふろふき大根を一緒にいただく。
これが非常に旨い。
その旨さは、時雨煮にふろふき大根をのせた状態で取り分けた写真が、興奮のあまり全てピンボケになったほど。
鍋ごと持って帰りたい衝動に駆られる。
☆5
時雨煮
大根


ミノ
あっさりとしたミノはザクザクとした食感で非常に旨い。
☆4
ミノ


ヒレのローストビーフ 牛骨のジュレ添え
見目麗しいローストビーフに舌鼓を。
☆4
ローストビーフ 牛骨ジュレ


イチボ(多分)
このへんから部分的に記憶が曖昧だが確かイチボをもみじおろしで。
もみじおろしは初めてだが、唐辛子がアクセントになっていておもしろい。
☆4
イチボ

もみじおろしポン酢


巻き
美しいカットと官能的な色合いなの巻き
甘みのある脂に酔いしれる。
☆4.5
まき


シルクロース メレンゲとともに
炙ったシルクロースをメレンゲ、卵黄と和えていただく。
まずはメレンゲで和えて一口食べてから卵黄を加えてみた。
メレンゲを纏ったシルクロースはメレンゲが脂っぽさを中和するためか、あっさりとした味わいに。
卵黄を加えるとさらにまったりとしたコクが加わり、非常に旨い。
メレンゲのみ、メレンゲ+卵黄は個人的にはどちらもかなり好きな味わい。
しゅわっとした食感もまた楽しく非常に面白い。
☆4.5
シルクロースメレンゲ

メレンゲイン


しゃぶしゃぶ
肉はもちろんのこと、出汁も非常に旨い。
間違いない味。
最後の雑炊はほっとする味。
☆5
1014.jpg

1017.jpg


ヒレカツ
今までずっと夢見ていたヒレカツ。
コプチャンで作ったタレはしっかりとした濃いめの味のため、少しつけていただく。
サクッとした薄衣を纏ったシャトーブリアンにコプチャンのタレがなんとも言えないほど絶妙。
こんな旨く贅沢なカツがあってよいのかという位けしからぬお味。
☆5
ヒレ

ヒレカツ


この後写真は撮り忘れたが〆のそうめん、ほうじ茶のかき氷をいただき、約4時間超にも及ぶ素晴らしい焼き肉の時間は幕を閉じた。
満腹なこともありかき氷は少し迷ったのだが、凄いかき氷を作る方が近々辞めてしまうとのことなので、ほうじ茶のかき氷をいつも通りオーダー。
VANNEさんの言葉通りの「トガったかき氷」は氷がふんわりとしていて非常においしかった。
このかき氷の記憶を忘れず、次回のほうじ茶のかき氷と是非比べてみたいものだが、私の記憶力では難しいだろう。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年11月28日 くにもと 本館

11月は2度の帰省により暫く肉と遠ざかった生活を送っていた。

そんな中私の周囲は何故かくにもとに行く人が多く、twitterで流れる肉画像を北関東の寒空の下で静かに眺めていた。

そんなこともあり帰宅後は早々にくにもとへ。



キムチ
キムチ


カクテキ
カクテキ


ローストビーフ
肉質は非常にしっとりとしていて、肉の味も充分に感じられる。
実に旨い。
☆4
ローストビーフ


上タン
歯ざわりは悪くないのだが、肝心の肉のうまみはあまり感じられなかった。
可もなく不可もなくといったところ。
☆2.5
上タン


この日は上等セットを予約
上等


上ハラミ
まずは塩の上ハラミ
特筆すべき点はないが、いたって普通においしいハラミ
☆3

ロース
続いて塩の肩ロース
上ハラミと同様に、普通においしいロース。
塩が少し強い気がした。
☆3
967.jpg


外モモ
肉質がふんわりとしていて、肉自体の味も強く非常に旨い。
☆4

ランプ
この日のランプは非常に良かった。
鼻腔をくすぐる芳香に酔いしれて飲み込むのが惜しい程で、思い出すだけでうっとりとした気分が蘇る。
☆5
969.jpg

上芯玉
旨味・食感のバランスが素晴らしく、タレと調和している。
☆4.5

イチボ
この日はイチボも素晴らしく、芳醇な香りと肉の旨味はしばしうっとりとした余韻に浸らせられた。
☆5
968.jpg


切り落とし(タレ/韓国ダレ)
切り落としは平盛りを二種類の味付けで。
韓国ダレは初めて食べたが、普通のタレのほうが好み。
玉石混合の切り落としだが、今回はタレ・韓国ダレどちらも半々といった所。
☆3
970.jpg

971.jpg


何故かいつも気が付いたら本店に予約を入れている自分がいるので、次こそ忘れず新館を訪れようと思う。

それにしてもやはり赤身の肉オリティは素晴らしく非常に満足することができた。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年11月12日 赤坂 みすじ

かれこれ4ヵ月ぶりのみすじ。

前回は半田さんがいらっしゃらなかったので余計に久しぶりに感じる。


キムチ盛り合わせ
個人的にここのキムチはカクテキが好きだ。
キムチ


生じゃない握り
火を入れてからいただく。
火を入れることにより口に含んだ時に香ばしさが加わり生とはまた違った風味が旨い。
☆4
握り


生じゃない刺身盛り合わせ
イチボ刺しとユッケは火を通していただく。

イチボ刺し
こちらも火を入れていただく。
口の中であっという間に無くなってしまう程の儚さだが、しっかりと甘さと香りの余韻を残していく。
☆4
刺し


ユッケ
ココット型に油を入れたものを網の上に置き、火を通していただく。
少々食べ辛いのが難点だが、甘みが強く旨い。
取り損ねたユッケに火が入りすぎないよう注意が必要。
☆4
ユッケ

ココット型


センマイ刺し
臭みのないセンマイのシャキシャキとした歯触りが心地よい。
個人的には白センマイのほうが好きだが、これも旨い。
☆3.5
センマイ



上タン
サクサクとした歯ざわりが良い上タン。
少し旨味が弱いように感じる。
☆3
上タン


並じゃないロース
みすじの並じゃないシリーズは素晴らしいコスパだが、この日の並じゃないロースは特に素晴らしかった。
これで1200円とは、本当にすごい。
☆4.5
並じゃないロース


並じゃない赤身
並じゃないシリーズの赤身。これもみすじに来ると必ず注文する一品。
並じゃないロースの衝撃にややかすんでしまったが、いつも通りの高肉オリティ。
☆4
並みじゃない赤身


並じゃないみすじ
店名でもあるみすじの並をオーダー
並とは思えない強い肉のうまみ。
多少の筋っぽさはあるがタレの相性も抜群で旨い。
☆3.5
並みじゃないみすじ


上ミノ
そぎ切りにされたミノはまるで貝のような食感。
☆4
上ミノ


ハラミ
今回のハラミはいたって普通でした。
☆3
ハラミ


リブ
半田さんにお勧めをお願いしたところ出てきたのがリブ。
肉自体は美味しいのだが塩がきつく旨味が感じづらかった。
(他の人間の話を聞くところ、たまたま私の食べた部分に塩が多めにかかっていたようだが…)
☆3.5
リブ



コプチャン
臭みのないコプチャンの脂はご飯がほしくなる味。
☆3.5
コプチャン


〆は阿波の手延べそうめん
コシのある麺にスッキリとした出汁のそうめん。
途中で入れる辛子大根がまた旨い。
お腹いっぱいでも食べられてしまう。
手延べそうめん


最近以焼く回数・焼く店が増え、定期的に焼きたい店がどんどん増えてしまいついついご無沙汰になってしまう所が出てくるのが正直もどかしい。

新規開拓もしつつ、定期訪問をこなすには一体月に何回焼いたらいいのだろうか…。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

評価の基準値

013_20120109142152.jpg


☆ 5.0 至福
☆ 4.5 非常に良い
☆ 4.0 良い
☆ 3.5 まあまあ良い
☆ 3.0 悪くないレベル
☆ 2.5 平均的
☆ 2.0 悪い
☆ 1.5 非常に悪い
☆ 1.0 論外

2011/12/03

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2011年11月2日 焼肉屋さんのしみず

9月に新規開拓をしてからあまりのコスパの良さに立て続けに3,4回来訪してしまった不動前にある焼肉屋さんのしみず

お通しのおかゆ
優しい味。
胃腸を整える作用があるらしく、臨戦態勢の胃袋に染み渡る。
926.jpg


キムチ
927.jpg


レバ刺し
エッジのたった美しいレバ刺しは臭みもなく甘みも強い。
☆4
928.jpg


ザブトンのレアステーキ
生肉規制後に登場した新メニュー。規制前のザブトン刺しもかなりの肉オリティだったがこちらも旨い。
肉は充分だが、ソースは改良の余地があるように感じる。
☆4
929.jpg


センマイ刺し
昔ながらのオーソドックスなタイプのセンマイ刺し。
センマイに臭みがなく食感も中々良い。
☆3.5
931.jpg


上タン
薄切りのためサクっとした歯ざわりはないもののタンの旨味はしっかりと感じることができる。
☆3.5
930.jpg


ハツ
1人前380円の激安ハツ。とはいえ臭みもなくハツの食感もよい。
値段を考えるとかなりのクオリティといえる。高コスパと肉オリティについおかわり。
☆4
932.jpg



上ミノ青唐辛子
臭みのない上ミノに青唐辛子を和えたもの。
サッパリとした味わいに青唐辛子がよく合う。
辛党には堪らない一品。安定のおかわり。
☆4
933.jpg



ハラミ
この日はスーパーハラミの入荷は残念ながらなかったそうだが、このハラミも悪くない。
☆3
934.jpg


ザブトン
さっと炙っていただくザブトンは香よく甘い。
☆4
935.jpg


ナムル
サービスで出していただいたナムルは箸休めにピッタリで美味しい。
キノコのナムルは今度家でも作ってみよう。
936.jpg


上ハラミ
ハラミが中々美味しかったので、上ハラミを追加オーダー。
突き抜けてはいないが普通に旨い。スーパーハラミには一体如何ほどなのであろうか。
次回出会うであろうスーパーハラミに心が躍る。
☆3.5
938.jpg



焼きしゃぶロース
近くということもあり、ついつい和田のロースと比べてしまう部分もあるが、悪くない。
☆3
937.jpg


ナムル
サービスで出していただいたナムルが美味しかったので注文。
やはりキノコのナムルが旨い。
939.jpg


赤ラーメン
裏メニューの赤ラーメン。混雑時の提供は難しいが、比較的余裕のあるときであれば提供可能とのこと。
牛骨などを使用せずテールだけでとったスープはクッキリとしていて優しい旨味が特徴
940.jpg



オープンして2年半程という比較的新しいお店。
突き抜けた一品はないものの全体的なレベルは高く、コスパも良く私のような庶民にはありがたい。
特にホルモンのクオリティと値段はかなりのものだと思われる。
なにより肉に対するパッションを感じるので、接客されている側としても心地よい。
現状にとどまらず研究を重ねている姿勢もうかがえ、これからが楽しみな店でもある。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。