スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年2月11日 生粋

随分前から焼肉好きの間で話題に上っていたよろにく3号店。

最初に3号店を出すという話を聞いたのは2年近く前の事だったので、いつオープンするのかしらと時々思いながら日々を過ごしていたら
なにやら2月9日に開店予定とのことだったので
よろにくのVanneさんがいらっしゃる火曜日にお祝いもかねて伺うことに。
IMG_1464.jpg


お通し
生豆腐とズワイガニの生姜ジュレ
生姜が効いたジュレはスッキリした味わいで食欲をそそる味。
IMG_1460.jpg


IMG_1462.jpg


ユッケ/ホワイトユッケ/納豆ユッケ
この生粋の目玉は何と言っても生肉。
今で普通に食べることが出来なくなってしまった生肉がこちらのお店では合法的に頂ける。
何とも嬉しいことよ。
一番好みだったのはホワイトユッケ。
白和えのソースが非常にまろやかな味わいで肉とよく合っている。
勿論通常のユッケ・納豆ユッケも美味しいのだが、ホワイトユッケを食べた後だと少し味がきつく感じてしまう。
Vanneさん曰く、今日のタレは少し味が強めかもとのことだったので余計にそう感じるのかもしれないが。
納豆ユッケはやはり納豆だけあってご飯と合わせたい味かなー。
IMG_1465.jpg

IMG_1466.jpg

IMG_1467.jpg


チマキ刺し
チマキ刺しは少し肉の味が弱いかな。
とはいえ生粋はよろにく、みすじと比べてもかなり安価な値段設定なのでそれを考えると十分かな。
IMG_1470.jpg


タン
開かれたタンは片面焼きで滑らかな食感を楽しみながらいただく。
厚切りのタンにじっくりと火を通して食べるのも勿論好みだが、薄切りのタンに柔らかく火を入れて食べるのもやっぱりいいよね。
こうやってカットや火入れによって全く違う味わいを楽しむのがやはり焼肉の醍醐味だと思うなあ。
IMG_1472.jpg


ランプ
肉々しいランプは程良く味が乗っていて食べごたえがある。
IMG_1477.jpg


タン
よろにくでもお馴染みの薄切りのタン。
こちらは本店同様に塩昆布と共に。
塩昆布の旨味がタンとよく合っている。
IMG_1473.jpg


ハラミ
塩ダレのハラミは肉々しいのにサッパリしていて非常に食べやすい。
ハラミ旨いなあ。
IMG_1480.jpg


ミノ
よろにくもみすじも同様に予約がとり辛いお店になってしまった今、中々仕事の予定が見えない私の様に人間にはいささかハードルが高くなってしまった。
正肉は勿論なのだが、このカットのミノが食べたくて仕方がなくなって久しかった私にとって、これは歓び以外の何物でもないかな。
初めて食べた時、この食感に非常に感動したことをよく覚えている。
IMG_1483.jpg


コムタンスープ
そういえばよろにくでもみすじでもコムタンスープをを飲んだことはないなあ。
そういった経緯もあってか非常に新鮮に感じる。
塩しっかり目の輪郭がクッキリしたタイプの味。
旨い。
IMG_1485.jpg


シルクロースの握り
規制前は本店で良くいただいたものです。
もう食べることはできないと思っていたメニューに再開できるのは素直に嬉しいね。
IMG_1486.jpg


シャトーブリアン
ふわっとした食感で口どけの良いシャトーブリアンは、繊細な香りが印象的。
厚切りのシャトーブリアンも勿論大好きだが、シャトーの繊細な食感を際立たせるのはやはり薄切りかな。
勿論どちらもそれぞれの魅力があって私は好きだけれど。
IMG_1490.jpg


みすじ
こちらのミスジはおろしポン酢と共に。
ミスジのような脂がしっかりした部位はこういうサッパリした味付けと良く合うなあ。
いやあ旨い。
IMG_1494.jpg


ジャブトン
メニューを見た時から気になっていたジャブトン。
名前から想像した私の部位のイメージはザブトンだったのだが、出てきたのはシルクロース。
卵黄にジャブっとつけていただきます。
比較的赤身の強いタイプ且つ肉の味の弱さも感じるタイプのシルクロースは、卵黄を付けることで格段に旨さがアップ。
いろいろ工夫されているのだなあと素直に感心してしまう。
IMG_1498.jpg


平ユッケ
これはかなり好みの味。
ユッケというよりはカルパッチョといったほうがイメージしやすいかもしれない。
サッパリした味付けにマヨネーズがアクセントとなり、バランス良いハーモニー。
IMG_1499.jpg


もつ鍋
黄ニラと大根おろしがたっぷり入ったもつ鍋。
コプチャンはかなり脂がしっかりした部位だけれど、こうやって食べるとするすると入ってしまうね。
私はもしかしたらコプチャンなんかは焼よりももつ鍋の様な食べ方の方が好きかも。
IMG_1502.jpg

IMG_1503.jpg

IMG_1504.jpg

IMG_1505.jpg

IMG_1506.jpg


バジルレモンのかき氷
初体験のバジルレモンのかき氷。
レモンの酸味の効いたさっぱりした味の後に、バジルの清涼感溢れる香りがやってくる。
これはむちゃくちゃ美味しいなあ。
私がアイスクリームよりシャーベットを好むタイプなこともあるだろうが、これはむちゃくちゃ好み。
IMG_1510.jpg


ミルメークのかき氷
こちらは言わずもがなかな。
しっかり甘いのだけど、相変わらずするっと胃袋に入ってしまう。
個人的好みで言えばバジルレモンの方が好みだが、ミルメークも旨いよね。
まあ行ってしまえばどちらも食べたいのです。
IMG_1511.jpg


牛肉の生食規制後、生肉に飢えている人々はおそらくかなりの人数な筈だ。
生肉が食べたい!!そんな思いがあなたを支配したならばすぐに秋葉原へ向かえばいい。

勿論その時容易に予約がとれるお店であることは保証できないのだが。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2014年1月29日 傳々分家

2014年の初めに連れてきていただいた際、シマチョウに衝撃を受けた傳々分家。
あの衝撃的な味が忘れられず、2014年初の肉の日は月島に向かうことに。

レバー
臭みなく甘みのあるレバー。
旨いなあ。
レバ刺しで食べられなくなったのは私としても非常に残念だが、美味しいレバーは焼いても旨い。
レバ刺しが食べられなくなって残念に思う方々には是非こういう鮮度の良いレバーを出しているお店で焼レバを食べてほしい。
美味しいレバは焼いても旨いですよ。
389_20140624232005e7b.jpg


アブシン
脂がサッパリしていて最高。
元々ハツが大好きなのもあるがこれは延々と食べれるな。
384_2014062423200378f.jpg


タンスジ
少し肉の旨味の弱さを感じたが、一般的に見たらかなり十分旨い。
392_20140624232006bf7.jpg


ミノ
ざっくりした歯ざわりのミノはサッパリと塩で。
脂たっぷりの部位も好きだが、途中こういうサッパリした部位を挟むと流れの中でアクセントになり
395_20140624232008474.jpg


シマチョウ
大きくカットしたシマチョウは、前回同様たっぷりのネギと共にいただく。
十分旨かったが前回のシマチョウのクオリティが素晴らしすぎたため、少し印象が弱い。
しかし前回のシマチョウは私が今まで食べたシマチョウ歴史に刻まれるほど素晴らしいクオリティだったので、比べること自体がナンセンスかもしれない。
この日のシマチョウも十分旨いです。
398_201406242320213f7.jpg


ツラミ
ツラミ
タレのツラミは卵黄にくぐらせて。
タレの甘みとツラミの肉々しい旨味、卵黄のまろやかさが良くマッチしている。
401_20140624232023a3e.jpg

406_2014062423202696c.jpg


コプチャン
この日はシマチョウよりコプチャンの方が好みだったかな。
脂にコクと甘みがあり脳にダイレクトに響く様な旨味。
とはいえ流石に年のせいか、コプチャンの様な部位はシマチョウ程量は食べられないのだけれど。
404_201406242320245df.jpg


カレー
コクがありトマトの酸味が非常に爽やかなカレーはカレー好きにとってもかなりのレベルと思われる。
しっかりとスパイスが効いており、辛さもそれなりにしっかりしている。
私はかなり辛党の部類に入るので、こういうカレーは大好きな味だけれど、辛い物が弱い人には少し辛いかも。
酸味が効いたスパイシーなカレーはかなり私好み。
408_2014062423202706f.jpg


この日一番だったのはアブシンかな。
こんなに脂がしっかりと旨いアブシンと今年初の肉の日に出会えたなんてかなりラッキーかも。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2014年1月24日 七厘

しつこくここにも記しているかもしれないが私は基本的に仕事に心血を注ぐタイプではない。
だのにどうしてこんなにも時間が無くなってしまうのだろう。
ただ私は焼肉を焼ければいいだけなのに!!

どうしても上記の思いが業務に忙殺されると私をすべて支配してゆく。
これはいけないパターンだ!!私の心の底からのシグナルだ!というわけでそんな日はすべてを諦め私は焼くことにしている。

そんな時にありがたいのが七厘。
人気店でありながら遅い時間であれば大抵焼くことが出来る。
(勿論午前中に心を決めスタッフさんたちがお店にいらっしゃるであろう時間帯に即予約を取り付けます)


幻のタン
予約のみの幻のタンだが、この日は運よくキャンセルした方がいらっしゃったらしくありつくことが出来た。
お店にとっては困ったことだが本当に正直に申し上げるとこの日の私にとっては非常にありがたかった。

どうしても大人になるとやり切れないこともある、そんな私の心を代弁するように潤むタンに私はすがらずにはいられないのだ。
旨い!!
IMG_1351.jpg


牛たん汁
体が疲れてくると精神的にも疲れる。
精神的に疲れてくると体も同様に疲労が鉛のように蓄積してしまう。
人は暖かいものを食べた時、どうしてこんなにほっとした気持ちになるのだろう。
味噌汁を飲んだ時、いつも懐かしい気持ちになるのはなぜなのだろう。

私は鼻水をすすりながら味噌仕立ての牛タン汁を飲み干した。
暖まった体が少しずつ元気を取り戻してゆくようだ。
IMG_1352.jpg


七厘ボール
サックリした衣と肉々しくもしつこくない味わい。
最近私がメンチをあまり食べなくなったのは間違いなく七厘ボールのせいだろう。
旨い!
IMG_1357.jpg


サーロイン
この日のサーロは比較的サシが強めな味わい。
個人的にはもう少しサシが抑えめなほうが好みだが、これも勿論旨い。
10代に戻ってどんぶり飯と一緒に食べたくなる味。
IMG_1358.jpg


ブリスケ
適度な脂の旨味と赤身の旨味のバランスの良いブリスケ。
しっかりとした歯ごたえで食べごたえがある。
IMG_1362.jpg


肩芯
ふわっとした繊細な赤身の食感と、サッパリした旨味。
やっぱり私は肩が好きだ!!
IMG_1364.jpg


みすじ
サシが強そうな見た目とは裏腹に非常にさっぱりした味わい。
私は数年みすじはジャンボ系列が一番だと思っていたが、ここ最近七厘のみすじは本当に旨い。
IMG_1365.jpg


しんしん
いい肉は脂も非常に軽く、全く重さを感じないということは理解しているし、勿論脂も大好きなのだがやはり疲れた胃袋にはこういった赤身とサシのバランスのよい部位がありがたい。
これだけ肉を食していてなんなのだが私は子とストレスに関しては胃腸が弱いのだ。
IMG_1368.jpg


カメノコ
しんしんもかない美味しかったのだが、このカメノコの味もたまらない。
ふんわりと繊細な赤身を味わっていると、数時間前までの胃の痛みが嘘のように食欲を増幅する。
旨いなあ。
IMG_1374.jpg


ヒレ
十分旨いことは間違いないのだがこの日のヒレの衝撃度はいつもに比べるとやや少なめ。
とはいえこういう厚みのあるヒレを焼くのって本当に楽しくて癒される。
IMG_1371.jpg


切り落し
流石に胃が弱っていたのかこのころにはかなり満腹状態。
けれど美味しいお肉であるとするっと胃に入ってしまうから本当に不思議。
勿論私が七厘のおに肉によって癒され回復しつつある可能性も非常に高いのだが。
IMG_1375.jpg


昨年から頻繁に起こっていたカメラの不調が原因で、この日も写真はスマホにて撮影。
店内の照明が暗いとか、一眼を忘れたとかならばそれなりに諦めもつくのだけれどやはりなんとなく悔しいな。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2014年1月21日 虎の穴

この日は虎の穴の辛さん主催の新年会へ。
メンバーは辛さんが選んだ焼き肉好きの方々で、私も当日までどなたがいらっしゃるかしらず、人見知りの気のある私はいささか緊張しつつ恵比寿へと向かった。

会場に到着してメンバーの方々とお会いしてみると、実際殆ど面識のある方々ばかりでコミュ症の私は密かに胸を撫で下ろした。
(勿論初見の方々も参加されていたが、焼肉という共通の話題がある為話も弾みやすいですね)


ポッサムチョッパル
エゴマやチシャとニンニクが豚足を素晴らしく引き立てており、何度食べても飽きない味。
翌日仕事なことを覗けば、なんともうれしいスタート。
IMG_1308.jpg


ケジャン
普段肉ばかり食べている私ですが、基本的に美味しいものは全般的に好きな私。
虎の穴で蟹を食べるとは思わなかったけれど、甘辛いタレが蟹に良く合っていて美味。
最後にケジャン食べたのは、ブログを始める前の春に行った関西遠征時に友人の行きつけの韓国料理屋で食べたきりだからかれこれ3年振り位かな。
お肉も美味しいけれど蟹も旨い。
IMG_1310.jpg


センマイ
虎の穴にまだ伺ったことがなかったとき、私はセンマイは白センマイの方が好きだったのだけど、ここでセンマイを食べて意見が180度変わったことを未だによく覚えている。
この黒センマイを食べてしまうと白センマイは癖がない分、センマイの良さが感じ辛いように感じてしまう。
勿論こんな美味しい黒センマイが食べられるお店はそうないのだけれど。
IMG_1311.jpg


ここからメインのしゃぶしゃぶへ。
IMG_1317.jpg

IMG_1313.jpg


ミノしゃぶ
ミノしゃぶ自体は何度か頂いたことがあるが、こういう厚みのあるカットのミノしゃぶは初めての経験。
肉厚な分ミノの繊維の詰まった感じが咀嚼の度に歯にダイレクトに響き、非常に心地よい。
IMG_1316.jpg

IMG_1318.jpg


タンゲタしゃぶ
何度か参加させていただいたRUNではおなじみのタンゲタはしゃぶしゃぶで。
別のお店でタンシャブの流れでゲタもしゃぶしゃぶで食べたことはあるけれど、こういう薄切りのゲタのしゃぶしゃぶは初めてかな。
ミノ同様焼とはまた違った顔で面白くも美味しい。
IMG_1319.jpg


ツラミしゃぶ
これは全く初めての体験であるツラミのしゃぶしゃぶ。
ツラミ自体が肉の味が濃いのため、非常に食べごたえがあり美味。
サッパリ食べられてしまう分、エンドレスで食べられてしまいそうでいささか怖い気も。
IMG_1321.jpg


シビレ
虎の穴のシビレはヤバい!と何度となく耳にはしていたのだけどなかなか食べる機会がなく月日が過ぎてしまっていたのだがやっと会うことが出来た。
噂通りこのシビレはヤバい!!
脂の強いシビレは個人的にさほど好きではない部位なのだけど、(厳密にいうと味は好きだけど1つ2つで充分という意味)
手を加えられまろやかになったバルサミコと玉ねぎでいただくシビレは、本当にいくらでも食べられてしまいそうな味。
多分これならエンドレスで食べられてしまうかな、そのくらい好きな味。
IMG_1326.jpg

IMG_1330.jpg


アカセン/ヤン/ミノ
ここよりしゃぶしゃぶを終えタレ系のホルモンへ。
皮目の食感が小気味よいアカセンと、独特の風味が堪らないヤン、サッパリした味わいがタレと非常によく合っているミノというラインナップでどれも非常に美味しい。
個人的に一番好みだったのはヤンかな。
理由は何ということはない、ただ私がヤンが好きで、こんなに美味しいヤンが食べられるお店はそうないから。
IMG_1331.jpg


シマチョウ/レバ/コプチャン
縞が深くクッキリと刻まれたシマチョウを見るとかわいいと思うのは私だけだろうか。
脂の甘みと皮目のプリッとした食感が心地よく、シマチョウらしい良さが前面に浮き出ている。
タレのレバは甘みのある味わいとタレの味わいのバランスが美味。
コプチャンも美味しかった。
脂が比較的多い部位であるコプチャンは、こういうタレと非常にマッチしているように感じる。
IMG_1333.jpg


かき氷
自家製みかんといちごのシロップでいただくかき氷は初雪号によって生産される。
焼肉の時は飲まない私だが、この日は新年会ということもあり珍しくお酒をそれなりに頂いていたので、最後のかき氷はだいぶありがたかったですね。
あまり甘いのもは好んで食べるほうではないのだけど、こういったサッパリした味わいのデザートは大好き。
とにかく自家製シロップが非常に好みの味。
IMG_1340.jpg

IMG_1341.jpg

IMG_1344.jpg


虎の穴で幸せな時間を過ごした翌日は、ほぼ100%凄い臭いになるのが私のセオリーなのだけど、この日はお酒を飲んでいたこともあり、翌日の悪臭度はすさまじいものがあった。
それでも決してやめられないという事実が、このお店の素晴らしさを簡単に表していると思う。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2014年1月18日 Cossott'e SP

私はさほど仕事に熱意があるタイプではないのだが、どういうことか業務に忙殺される日々。
そうはいっても相変わらず焼肉に対する思いはどうしようもない。

そんなわけで、何とか担保で来ている週末には麻布十番へのCosstt'e SPへと、自己を癒すために足を運ぶ。

茄子のナムル
163_20140618213626f71.jpg


タン元
サックリしたタン元は香、味わいも共に秀逸。
174_201406182136293f3.jpg


サガリ
このサガリ旨い!!
10人前くらい食べられそうな味。
178_20140618213630fa1.jpg


焼きしゃぶ
サシのしっかりした焼きしゃぶは、野菜とポン酢との相性が抜群。
サッパリした味付けとしっかりした肉の味が堪らない。
182_2014061821363126f.jpg

187_20140618213640049.jpg


メンチカツサンド
これが食べたかった!!
正直これが食べたくて麻布十番に足を運んだといってもいいくらい楽しみにしていたメンチカツサンド。
こんなおいしいメンチカツサンドだったら毎日食べたいですね。
189_20140618213642fcc.jpg


スネの醤油麹
おそらく焼肉においてスネが好きっていう人も、スネを恒常的に食べる人も
どちらも絶対数は少ないと思うのですが、お肉が好き!!と自負する人はコソットのスネを食べたほうがいいと思う。
確かにスネは比較的硬い部位であるけど、さすが筋肉!と言えるほど濃厚な味は肉ずに来とっては堪らないと思う。
194_2014061821364322e.jpg


しんたまのかぶり
ネギダレの味わいがたまりませんね。
これも美味しい!
196_20140618213644cfc.jpg


ホルモン鍋
まさかメンチカツサンドを食べたうえでこちらのホルモン鍋も食べられるとは思わなんだ。
SNS等で見かけてずっと食べたかったホルモン鍋は、想像以上にサッパリとホルモンをいただくことが出来た。
特に喉笛が織りなす食感と味わいは堪らないですね。
201_20140618213646797.jpg

205_20140618213654789.jpg

207_201406182136560c8.jpg


揚げパン
メンチカツサンドの副産物である揚げパン。
とても懐かしく美味しい味ですが、正直カロリーは気になりますね(笑)
とはいえ個人的にこういう食材を無駄にしない姿勢は凄く好感が持てます。(美味しかったですし…)
211.jpg


プリン
もう語るべくもないプリン。
ここは焼肉屋さんよね?と思わず疑問をなげ掛けたくなります。
甘党の店長のセンスが光る一品。
私は正直甘党じゃないんだけど、ここのデザートは大好き!!
214_20140618213659042.jpg



テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2014年1月11日 焼肉屋さんのしみず

年始の休みを終えてみたら再び始まる激務。
正月ボケが抜けきらぬ私の体はまだまだ仕事になじんでくれない。

そんな時は勿論焼肉で活力を入れるに限ります。

というわけで珍しく土曜日に不動前焼き。

お通し
疲弊した体に染み渡るお通し。
最後の一滴まで飲み干す。
068_20140618211758003.jpg


厚タン
焼き肉好の焼魂に火をつけるようなフォルムの厚切りタン。
この日の厚タンは少しサシの強さを感じたが、それを補って余りある旨味とCP。
071_20140618211759351.jpg


テール
じっくりと火を通したテールを噛みしめると、あふれ出す旨味。
堪らないです。
074_201406182118014bf.jpg


シマチョウ
少し匂いがあるように感じたが、許容範囲。
皮目にしっかり火を通して噛みしだくと、皮目の旨味が口の中に広がる。
098_20140618211802178.jpg


ハツ
サックリしておりクリアな味わいの初は私好みの味。
ハツすきだなあ。
IMG_1224.jpg


焼レバ
程良く火を入れたレバの甘みは心地よいですね。
IMG_1225.jpg


ハラミ
肉々しいハラミを奥歯で噛み千切ると溢れ明日肉汁。
私はその肉汁を一つもこぼさぬよう咀嚼を続けながらその旨味を堪能する。
しみずのハラミは旨いなあ。
IMG_1227.jpg


ネギポン塩カルビ
しみずの正肉の中でも突出したCPのネギポン塩カルビ。
ブリスケ好きの私にはありがたいメニューです。(ブリスケに限らず和牛はどこも大抵好きですが)
IMG_1228.jpg


上ミノ
サッパリした上ミノの味わいは、胃袋をクリアにしてくれる。
相変わらず美味しいなあ。
IMG_1229.jpg


五種盛り
ミスジ
赤身の味がしっかりしたミスジ。
脂の甘みが強いミスジもいいけど、個人的にはこういう赤身の味が濃厚なミスジが好みかな。

ザブトン
脂に甘みがあり香りが良い。
カットの薄さも程よく、ザブトンの旨味が感じやすい。

ウワミスジ
ふわふわした食感と濃厚な旨味。
これは最高に旨いなあ、大好きな味!

トウガラシ/クリ
しっかりした赤身の味は非常に秀逸だが、ウワミスジの旨さの前では少しかすんでしまうかも。
とはいえ充分に美味しいです。
IMG_1231.jpg


気付いたら通いだして結構な年月がたっているしみずだが、そのCPの高さをクオリティには堪らないですね。
最近どんどん混雑していらっしゃって、嬉しい反面私が気軽に行けないと困るなあなどとわがまま承知の複雑な気持ち。
でもやっぱ嬉しいかな!

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

2014年1月9日 傳々分家

初めての傳々分家。
本店である傳々には足を運んだことがあるのだが、分家には中々機会がなく長い期間行きそびれた状態となっていたのだが
私が敬愛する焼肉エバンジェリストの女性より、分家への招待状が届いた。

実は以前から彼女のSNSより分家のホルモンの写真は閲覧しており、ずっと行きたいと思いながら仕事の調整がなかなかうまくいかず先延ばしになっていた状態だったので本当にありがたいですね。

ナムル
027_20140618210824b6e.jpg


キムチ
028_20140618210825dca.jpg


サラダ
031_20140618210827feb.jpg


タン
厚切りのタンはサックリした歯ざわりで、味もしっかりしている。
美味。
034_20140618210828a1e.jpg

035_201406182108302f4.jpg


ハラミ
バランスの良いハラミは、興奮を覚えるほどではないが平均的レベルは優に超している。
美味しいなあ。
037_20140618210844821.jpg


上ミノ
焼きあがった上ミノは、大量の小口葱と共に。
これは堪らないね!!
ネギのさっぱりした味わいとミノの香ばしい味わいが堪らない。
040_20140618210846e34.jpg

042_2014061821084727c.jpg


シマチョウ
この日一番印象に残ったのはこちらのシマチョウ。
この味は忘れられないな。
恐ろしく上質なホルモンの脂って、凄く細かい粒子の粒がねっとりと喉の奥に絡みついて深い余韻の残す気がする。
全く持ってうまく言えないのだけど、脂の粒子一つ一つが凄く存在感があるという感じかなあ。
これは多分私の焼肉人生で忘れられない味かな。
050_2014061821084931f.jpg


今まで家から遠いという理由だけでこちらのお店に伺っていなかったことを恥じた。
これはまたすぐにでも伺わないといけませんね、素晴らしすぎて!!

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。