スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年10月5日 焼肉屋さんのしみず

急に焼きたくなった、そんな日はいつも通り不動前のしみずへ。


お通し
この日の煮込みは肉の味が濃厚で出汁も非常に濃く素晴らしく美味だった。
どうやらしみずでは一度作った煮込みに肉を足してゆきさらに煮込んでいくという方法で作成しているとのこと。
そのため日によって味のポテンシャルが少し変化するものと思われるが、この日はまさに当たり。
正直これとご飯があれば十分満足できるレベル。
☆5
001_20121010002254.jpg


お通し煮込み
煮込みのポテンシャルが非常に高ったためお通し煮込みを追加でオーダー。
お通しの煮込みは通常メニューとしてオーダー可能なので、煮込みのポテンシャルが高いときはオーダーするが吉。
勿論私のように常に胃袋に余裕がある人に限るのは言うまでもない。
006_20121010002253.jpg


ナムル
011_20121010002252.jpg


厚切りタン
さっくりした歯触りとしっかりした旨みが溢れる厚切りタン。
かなりの厚さがあるため、両面からしっかりと火を入れる。
パンパンに膨れ上がったタンに噛り付くとタンらしい旨みが口の中に溢れる。
旨い。
☆5
007_20121010002253.jpg



ネギポン塩カルビ
この日のネギポン塩カルビは非常にポテンシャルが高く、カットの厚さも私好みだった。
ネギポンがかなり味が強いので、ポン酢につける際はあまり強めにつけない方が良いかも。
ポン酢はネギポンを救って薬味として肉に巻いて食べるくらいが個人的には好みだな。
両面をさっと炙って食べるのも良いが、片面を焼いてから焼いた部分にネギポンを薬味のようにのせ、レアの部分が外側に来るように巻いて一口で食べるのも印象が変わって面白い。
☆5
013_20121010002252.jpg

014_20121010002251.jpg


テール
見るからにその高い肉オリティが感じられるぷりぷりのテール。
しっかりと火を入れたテールは噛みしめるとジュワッと濃厚な肉汁が溢れだす。
やはりしみずのテールは旨い。
☆5
019_20121010002324.jpg


ハツ
この日はハツのポテンシャルも非常に高かった。
サックリとした小気味よい歯触りと、淡泊ながら滋味深いその旨みが堪らない。
惜しむらくはやはりカットかな。
このクオリティのハツならばやはりよろにくやみすじのように均一な厚さのカットで食べてみたいと思ってしまう。
値段を考えたら仕方ないのかもしれないが…。
☆5
023_20121010002323.jpg


焼レバ
この日のレバは臭みが強く、いささか残念な印象。
甘みはしっかりとあるのだが、口に入れた時にレバ特有の臭みが広がる。
甘みが強いだけに少し残念だが、このくらいの癖のあるレバの方がいいという人もいるからまあアリだとは思う。
☆3
025_20121010002323.jpg


上ミノ青唐辛子
一変の臭みのない上ミノに青唐辛子のフレッシュな辛味が非常にいいアクセントとなっている。
途中途中でこの上ミノ青唐辛子を挟んで焼くと、口の中がリフレッシュされいくらでも食べられそうな錯覚に陥る。
☆5
028_20121010002322.jpg


上ハラミ
香りは良いのだが、旨み自体は少し弱くアッサリとした軽めの印象でいつもの力強いハラミの旨みは感じられなかった。
勿論一般的レベルからすると悪くはないのだが、最近のしみずのハラミの肉オリティが素晴らしすぎたため、いささか物足りない思ってしまう。
まあこういう時もあるよね。
☆3.5
032_20121010002322.jpg

036_20121010002405.jpg


ハツ
素晴らしいクオリティを見せつけられたので、ハツ好きである私は勿論おかわりでオーダー。
一皿目と同様素晴らしい肉オリティだったのだが、たまたま一切れだけ筋の部分が取り切れていないものがあり、その部分に臭みがあったのが残念だったかな。
034_20121010002322.jpg


ホルモン
この日のシマチョウは臭みが強くて残念な感じ。
☆2.5
041_20121010002405.jpg


うわみすじ
香りはさほど強くないが、濃厚な旨みが堪らないうわみすじ。
しみずでは近いうちにタレをもっと肉に絡むものに改良するとのこと。
私たちがこのタレを味わうのもこのうわみすじが最後になるだろう。
どのように改良されるのかを楽しみにしつつ、その変化を感じられる様最後のタレを記憶に深く刻みつけた。
☆4
044_20121010002404.jpg


テールクッパ
しみずのスープ系はすべて牛骨などを使わずテールのみで作られているのだが、つい最近出汁に使うテールの量を2倍にしたらしい。
もともとしみずのテールスープやユッケジャンが大好きな私は二つ返事でオーダー。

こちらの〆でスープ系を頼むときはユッケジャンをオーダーすることが多いのだが、この日はスープの変化をダイレクトに感じるためにテールクッパをオーダー。
もともとスッキリしていて濃厚なしみずのスープだが、テールが2倍になったことにより、クリアな旨みはそのままに出汁の旨みが非常に増している。

ひとくちとまたひとくちと口に含むと、豊かなふくらみを持つ旨みが体中、いや体の外まで広がるような錯覚に陥る。

素晴らしい!!
049_20121010002404.jpg


アイス
051_20121010002404.jpg


最近感じていた化調・塩のきつさは全く感じられず、今までのしみずの塩加減に戻っていた。
どうもいろいろお店を回り、迷った末化調・塩をキツくしたそうなのだが最近また元に戻したとのこと。
あまり強い味付けが得意でなく、最近のしみずの味付けを少なからず残念に思っていた私にとってこれは非常に嬉しい。

今後タレの改良に始まりカット等も更に研究を重ねるとのこと。
これからしみずがどのように進化していくか、そう遠からず訪れるであろう未来のしみずが今から楽しみで仕方ない。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そっか.
あの煮込みっておかわり出来るんだ!
ってことで(?)明日行ってきまーす♪

Re: No title

はい、煮込みはおかわり可能です!!
オーダーする際はお腹具合に気をかけてくださいね!!

あと、〆のスープものは格段にレベルアップしているので是非オーダーしてみてください!
今週肉づいてますね!!羨ましい!
キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。