スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月24日 多平

関西遠征最終日の昼食は、焼肉屋には珍しく昼から営業している多平にて。
通称昼T(昼多平)だ。
クリスマスイブに浮かれた街を尻目にまっすぐと多平へ向かう。


この一見そっけないようにも見えるロースターにこの店の歴史を感じる。
247.jpg


キムチ盛り合わせ
248.jpg



並タン
並タンはタン先の部分だろうか。
臭みのまったくない並タンは、噛み締めるとタン特有の旨味がしっかりと感じられる。
こういうのも嫌いじゃないんだよな。
☆3.5
246.jpg


上タン
上タンはおおよそ値段からは考えられないポテンシャルで、口の中にタンらしいうまみがジュワーっと広がってゆく。
臭みもなく旨味も良い上タンは近所の焼肉屋というシチュエーションで食べる昼下がりの食事と良く似合っている。
☆4
249.jpg


マジックソース
ごはんにもビールにもあうマジックソース。
ジャンキーでしっかりした味がまた肉とよく合うのだ。
肉にたっぷりマジックソースを絡め、白米またはビールと頂く。
生きてるって素晴らしいね。
242.jpg


ハラミ
ザ・ハラミ!!と言わんばかりにハラミらしい旨味をまき散らすハラミはもちろんマジックソースとともにご飯へダイブ。
マジックソースと絡まったご飯そしてハラミの肉汁、旨味、香りが混然一体となって口内に広がる。
思わずため息が漏れる程に素晴らしい。
☆5
245.jpg


テッチャン
これは若干の臭みを感じたが、連休最終日ということを考えると仕方ないかな。
☆3
251.jpg


カルビ
脂に甘みがあり赤味とのバランスが秀逸。
こちらももちろんごはんと共に。
脂とごはんとタレが抜群の相性でごはんが止まらない危険な味。
☆4.5
253.jpg


なんばの路地裏にひっそりとたたずむ多平は、将に昔ながらの焼肉屋といった佇まいで、昨今よく見かける小洒落た焼肉店とはまったく逆の店構えだ。
この店では気負いも飾り立てることも必要ない、ただ普段らしい自分でそこにあり旨い肉を喰らえばよいのだ。
その時に感じられる居心地の良さは、言葉では表せないノスタルジーを含んでいる。

多平は日常が良く似合う、だがその日常が傍らにあることは非常に稀有で幸運なことなのだ。
普通に食べて普通に美味しい、何とも得難く素晴らしいことか。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。