スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月26日 七厘

相変わらず残業続きの夜、思ったより早く仕事が終わりそうな感触を感じ取ると共に、またしてもどうしようもなく焼きたくなってしまった。

というわけで、最近の遅い時間の焼きで救世主となっている七厘に行くべく、愛馬日比谷線に飛び乗る。

お店に到着した私の耳に入ってきたのは、この日の牛が33ヶ月肥育の雌牛である事。

なんともタイミングの良い焼き欲求だろうか。
自分の欲望に感謝しつつ、美麗なる肉を待つ。


七厘ボール
七厘の極上肉で作られた七厘ボール。
幾つでも延々と食べられてしまいそうなメンチ。
058_20130610235357.jpg


幻のタン
恐ろしくジューシーなタンはザクザクというよりはムチムチっとした食感。
この日のタンは少し脂のキツさが気になったかな。
勿論普通に食べたら最高レベルのタンである事は間違いないのだが、いつも七厘で食べているタンのレベルが高すぎるのだ。
七厘のライバル(比較対象)はいつだって以前経験した七厘のお肉達なのだ。
体育会系焼肉では他に追随を許さないそのクオリティにただ脱帽するのみ。
☆4
077_20130610235401.jpg


サーロイン
水のように軽くサラサラとした脂は口の中であっという間に溶けて消え、1ミリのくどさも感じさせない。
その脂の甘みは深くたおやかで食べる人全てを魅了するだろう。
恐ろしいクオリティだ。
☆5
055_20130610235357.jpg


カイノミ
柔らかでいかにも芳醇な香りを放つカイノミは信じられないくらい濃厚な旨みを持っていた。
濃厚などという言葉では生易しい、ド濃厚な旨みはそのもてるポテンシャルだけでその場を沈黙させた。
☆5
062_20130610235359.jpg


サガリ
いつもの様にニヤニヤと微笑みながら火を入れたサガリを1口食べ、まず驚いたのはその香り。
鼻腔から抜ける鮮烈かつ清涼な香りはどこまでも衝撃的で、私は思わず目を見開く。
まるで香りのシャワーが口の中に降り注いでいるようで、心を静めながらその香りに集中する。
素晴らしいね!
☆5
064_20130610235359.jpg


チョレギサラダ
065_20130610235447.jpg


みすじ
テーブルへと運ばれるみすじを見てまず驚かされたのはその見た目。
私が良く好んで食べるみすじとはまったく違って明らかに脂の量が多い。
どちらかというと私自身はサシを前面に主張するみすじよりも、赤身が強めなタイプかバランスの取れたタイプが好みなのだ。

しかし七厘でこういったいつもと違う雰囲気のお肉が出てきたときは、必ず何かあるのが定石。
期待と不安で胸を膨らませながら慎重にトングを操る。
焼き上げたみすじを1口食べて驚いたのはその甘さ。
口の中に広がる驚異的甘さに戦慄が走る。
そして水のようにサラサラとした脂はまったくしつこさを感じさせず、純粋な甘さだけを口の中に広げてゆく。
この初めての甘美なる衝撃は、私の稚拙な文章では表現すること叶わぬのが口惜しい。
素晴らしすぎる…。
☆5+
066_20130610235447.jpg


うちもも
ねっとりと舌に絡みつく官能的なうちもも。
ふんわりと鼻をくすぐる香りとその濃厚なうまみはエロティックですらある。
☆5
069_20130610235449.jpg


とうがらし
肌理が細かくしっとりとしたとうがらしは、下に乗せた時の快感画すさまじい。
まるで繊細なヴェールに包まれたようなその感触に思わず目を細める。
☆5
070_20130610235450.jpg


肩三角
ふわふわと柔らかな食感であるのにもかかわらず、ムチムチとしっかりした噛み応えが感じられる。
その相反する食感のコントラストには思わず混乱してしまうほどだ。
噛み進めると感じられる超濃厚な旨味は、脳が痺れるほどの快感を私に与えてくれた。
☆5
074_20130610235452.jpg


切り落とし
重ねられた肉たちから見える、あの特徴的なサシに思わず怪しい笑みが止まらなくなる。
本当に恐ろしい切り落としだ
076_20130610235531.jpg


この日の七厘は、まさに圧倒的暴力という表現が相応しいものだった。
その暴力的とすら感じられるほどに圧倒的な肉質で、私は心地よいタコ殴り状態に。
マゾヒストの気はないはずなのだが、こんな暴力ならいつだって歓迎だ。

そしてこの日一番印象に残ったのは勿論みすじ。
味だけであれば僅差で肩三角なのだが(私の好み的に)、ここまでサシを前面に出したタイプのみすじでこんな気持ちにさせられるなんて今まで想像だにしたことがない、いや、出来るはずがない。

圧倒的暴力と心地よい衝撃に沈められた私は言葉を失い、静かにその日の肉たちを反芻しながら家路についたのであった。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。