スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年5月29日 虎の穴

焼肉RUNでは何度かお世話になっている恵比寿の名店虎の穴。
RUN以外で前回こちらにうかがった際は特別コースだったため、通常メニューを頂きたかったのだ。
中々忙しく延び延びになってしまっていたが、ようやく仕事が一区切りついたため、肉の日に予約をお願いすることに。

全てを辛さん(弟)に委ね、私はその目くるめく世界をただ待つのだった。

585.jpg


行者にんにく
RUNでも頂いたことがある行者にんにくは、食感とその鮮烈な香りが堪らない一品。
虎の穴は野菜も旨いんだよなあ。
574.jpg


きゅうりの浅漬け
行者にんにくで一息ついた後はまた野菜でサッパリと。
虎の穴の野菜はただ旨いだけでなく味付けが素晴らしい。
肉ばかり食べている私ではあるが、野菜が嫌いなわけではない。むしろ畑に囲まれて育った為、野菜は好きなのだ。
旨い野菜もいいよねえ。
576.jpg


ポッサムチョッカル
こちらもRUNでお馴染みポッサムチョッカル。
運動後に食べても旨いが、仕事後でも美味しいね。
豚足のムチムチした食感と生にんにく、エゴマ、チシャのしゃきっとした食感と、アミの塩辛さが病みつきになる。
578.jpg


センマイ刺し
センマイの香りだけを残し全く臭みのないクリアな黒センマイ。黒センマイはどうしても白センマイより匂いが気になることが多いのだが、この黒センマイは全くそれを感じさせない。
素晴らしい処理だ。
こんな黒センマイが食べられるお店はそうそうないと思う。
(黒センマイが余り得意ではない同行者も非常に驚いていた)
素晴らしい!!
☆5
579.jpg


ミノ
3段階の味の変化を楽しみながら頂くミノ。
まず一枚目は大根おろしをはさみ醤油を少々つけてそのままいただく。
ふわっとした中にしっかりと存在感を残すミノの歯ざわりに思わず驚愕。初めてのミノの食感との出会いにテンションは最高潮。2枚目はサッと火を入れて塩を振って。
1枚目よりもミノの存在感がアップしたように感じる。
3枚目は塩と唐辛子で頂くスタイル。
1枚目、2枚目とはまったく別の顔で、同じミノでこうも変わるのかと感動すら覚えるほどだ。
素晴らしい。
☆5
582.jpg

584.jpg


コメカミ串
濃厚でクッキリした旨味のコメカミ串は1口目はプレーン、2口目はニンニクと共に、3口目はニンニクと塩で頂く。
1口目で噛み締めるたびにギュッと詰ったうまみが口内に開放され脳天まで突き抜ける様な幸福感を感じる。
2口目はそこにニンニクの香りが付加されたことにより、口の中で膨張するかのように香りに膨らみが出た。
また、3口目ではニンニクと塩が追加されたことにより、濃厚な旨味にパンチが効き、爆発するような痺れる様な旨味に変化した。
どれもまったく別の顔なのだが、どれも素晴らしい!
やっぱり焼肉って楽しい!
☆5+
592.jpg


ミノ
先に出てきたみのとはまた違ったカットで現れたミノ。
こちらは少し厚めにカットした物なのだが、先ほど食べたものと同様、大まかな食感自体はふわっとした柔らかな食感だ。
しかし厚めにカットされているため、ミノらしい歯ごたえが先ほどのものより強く出ている。
素晴らしく旨い。
☆5
590.jpg


黒センマイ
刺しに続きこちらは焼きの黒センマイ。
これもまた素晴らしい、嫌な臭みがなくジューシーな黒センマイからは黒センマイの純粋な旨味が溢れ出して来る。
私の中での白センマイ>黒センマイの式はこの日限りで改めざるを得ない。
☆5
588.jpg


シマチョウ
深くくっきりと縞を刻む美しいシマチョウはまるで輝く宝石のようだ。
じっくりと脂を落とした後、適度に皮目に火をいれ皮のクニクニした食感を楽しむ。
喉を通るその感触、その旨味が堪らなく愛らしい。
☆5
589.jpg


サラダ
593.jpg


うちもも/ハラミ
うちもも
サッパリしているがコクが深く旨味が濃厚。
赤身らしい赤身の旨味が体に染み渡る。
☆4

ハラミ
繊維に沿うような形でカットされたハラミは咀嚼するとふわっとした食感に感じる。
咀嚼するたびに溢れる肉汁が堪らない。
☆4.5
597.jpg


ハラミ
分厚くカットされたBカットのハラミは恐ろしい旨味とそのポテンシャルに思わず言葉を失う。
一口噛み千切れば芳醇な香りが鼻をくすぐり、濃厚な旨味がとたんに口の中を満たす。
この素晴らしさの前に私はただ言葉を失うのだ。
☆5
602.jpg


メカブのサラダ
604.jpg


レバ/シマチョウ/コプチャン/ヤン/ギアラ
レバ
ややスジ感のあるレバは甘みが非常に深く、臭みが全くない。
口の中に広がる甘みは非常に心地よくその甘さにしばし身を委ねる。
☆5

シマチョウ
塩同様に素晴らしいシマチョウはタレのうまみと皮目の旨味、脂の甘みが堪らない。
☆5

コプチャン
甘みのある脂がジュワーッとあふれ出すコプチャンもまた至福の一品。
これも堪らないなあ。
☆4.5

ヤン
全く臭みのないヤンは脂のうまみと独特の香りが美味。
こういう臭みの出やすい部位をここまでクリアな味で食べられるお店は稀有だ。
☆4.5

ギアラ
皮目のサッパリした旨味が際立つギアラも美味。
ただ前回のRUNで頂いたギアラが余りにも素晴らしすぎたため、それと比べてしまうと少し見劣りするかな。
☆3.5
613.jpg


にんにくの醤油漬け
かなり好きな味。
家に1瓶ほしいが、おそらく数時間で食べ終わること必至だろう。
614.jpg


ダメ人間セット
今回のお目当ての一つダメ人間セットはもはや語るまでもないだろう。
ハラミとタレとご飯、コムタンとチャンジャと韓国海苔の素晴らしき競演に私も漏れずダメ人間へ。
余りの旨さにダメ人間セットはお代わりしてしまった。
思い出すだけで空腹感が増すほどの素晴らしさ。
☆5+
615.jpg

616.jpg

617.jpg


杏仁豆腐 フレッシュイチゴソース
デザートもまた素晴らしい。
柔らかな杏仁豆腐にフレッシュなイチゴソースが爽やかなアクセントとなり、普段甘いものを余り食べない私でもスッと胃袋に納まってしまう。
622.jpg

624.jpg


肉の日に相応しいその肉との邂逅に私は思わず放心状態に。
本当に素晴らしい焼きを味わうことが出来き、体から疲れがスッと抜けて行くようだ。

この日味わった素晴らしい肉たちのおかげで私は焼肉の奥深さと楽しさを再認識し、幸せな気持ちで岐路に着いたのだった。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。