スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年6月7日 七厘

「七厘のお肉が食べたい」そんな欲求が突然湧き上がった金曜の夜。
我が家ではそんな状態を七厘欠乏症と呼んでいる。

七厘欠乏症の恐ろしいところは、その症状が出た後は急速に末期症状まで達するところ。
…何とも恐ろしい病だ。

高ぶる気持ちを抑えながら、愛馬日比谷線にて三ノ輪へと向かう。


サーロイン
まずは七厘お馴染みのサーロインから。
脂がサラッと軽く甘みがあり赤身もコク深い。
舌の上でふわりと広がる脂の旨味を七厘欠乏状態の体に染みわたらせる。
旨い。
649.jpg


チョレギサラダ
650.jpg


エンピツ
何と幸運なことにこの日はお任せにエンピツが!!
全く予想していなかったため、テンションが一気に上がる。
甘みとコクと適度な弾力が最高に旨い。
653.jpg


ハラミ
適度な厚みのあるハラミは、外側をカリッと香ばしく焼き上げる。
噛み締めるたびにあふれ出すジューシーな肉汁を心行くまで堪能し、一息。
何と幸せな瞬間だろうか。
652.jpg


七厘ボール
七厘の素晴らしい肉で作られたメンチ。
私は荒川フードフェスティバルからこのメンチの虜だ。
655.jpg


タンゲタ
七厘の幻のタンは予約制なのでこの日はタンゲタを。
元がなければゲタを食べればいいと思う。
タン元の旨さとはまた違うが、ゲタもまた別の美味しさがあるのだから。
657.jpg


みすじ
瑞々しい舌触りとサラッと軽い脂が心地よいみすじは適度な歯応えがあるのにやわらかくその食感も素晴らしい。
ここ一年ほどで七厘のみすじのレベルが格段にアップしたように感じるのは私だけだろうか。
660.jpg


ランボソ
しっとりと肌理細かい舌触りと赤身の深いコクが赤身好きにはたまらない。
噛み締めると溢れるとめどない旨味に心を奪われる。
662.jpg


イチボ
サシの甘みと赤身の旨味が程よいバランスで共存するイチボ。
そして適度に歯応えを残すこの食感がその旨味をさらに際だ出せているかのようだ。
旨いなあ。
663.jpg


肩三角
赤身好きにはたまらない旨味たっぷりの肩三角。
噛み締めると口の中に広がる濃厚な旨味は私の心を捕らえて離さない。
665.jpg


切り落とし
相変わらず切り落としとは思えないクオリティの切り落とし。
何度食べてもその意味のわからなさに笑ってしまう。
666.jpg


冷麺
668.jpg


素晴らしい肉は私を虜にするが、その素晴らしいお肉に慣れきってしまうと、自分の中での基準値が狂い焼肉不感症を起こしてしまう。

そんな理由もあり意識的に月に1度に抑えるよう心がけている七厘来訪。
その結果突如として起こる禁断症状により仕事に全く手がつかなくなるのが目下悩みの種なのだが、そんな時に食べる肉は困ったことに殊更旨いのだ。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。