スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年6月23日 炭焼喰人

この日は急遽参加させていただいた炭焼喰人での塊祭り。
私は基本的に1人か2人で焼くことが多いので、このように塊を焼く会にお誘いいただくのは本当にありがたいことです。
逸る気持ちを抑えセンター南へ向かう。

参加者がそろったところで山本さんが持ってきたのは、バットに横たわる肉塊達。
私含め一同興奮を隠しえない様子で肉塊を被写体にシャッターを切っている。
何度かここ炭焼喰人にて塊肉を体験している私でもそれは同様、特にこの日のイチボは過去に例を見ない程の大きな塊で眼下に広がるその巨大な肉塊に釘付に。

期待に胸を膨らませながら来る宴の開始に心を鎮める。


081_20130730011123.jpg


タンゲタチャーシュー
まず出てきたのはタンゲタで作ったチャーシュー。
甘めのタレでしっかりと煮込まれておりホロホロっとした肉繊維を噛みしめるとタンゲタらしい旨味が口の中に広がる。これは旨いなあ。
家に一本欲しい。
088_20130730011124.jpg


キムチ各種
091_20130730011125.jpg


山盛りキャベツ
093_20130730011127.jpg


しいたけ
095_20130730011128.jpg


炙りレバ
お馴染みの炙りレバーも甘味があり美味。
関係ないけどレバーって金属箸でつかむと滑りますよね。
網の上で滑るとちょっと焦ります。
097_20130730011145.jpg


タン
もはやおなじみとなったタンの一本焼き。
焼き上げると流木の様なテクスチャーに変わる様は何ともシュール。
じっくりと焼き上げたタンはザクザクっとした歯触りが心地よい。
焼き上がりの写真はカメラの調子が悪く撮れなかったため割愛。
099_20130730011146.jpg


ハラミ
主催の方が焼いてくださったハラミ。
ハラミらしく雄々しい味わいと香りが、山葵醤油と良くマッチしている。
それにしても通常であるならばこのハラミも充分に塊といえるカットなのだが、今回提供された肉塊と肩を並べると控えめに見えてしまう。
恐ろしいことだ。
102_20130730011148.jpg


ザブトン
カメラの機嫌を損なっていた状態だったため、こちらザブトンは網の上の写真から。
強い香りと深い赤身のコクが口の中に広がるのは何とも快感。
甘味のある旨味と山葵の清涼感が心地よいね。
107_20130730011149.jpg

116_20130730011224.jpg


極ウマ赤身肉
時間軸はやや前後するが塊肉を焼いている間に食べていたのがこちらの極ウマ赤身肉。
サッパリしていながらコクのある赤身の旨さと心地よい熟成香、そのCPの高さが特徴で、個人的マストオーダーのメニューだ。
塊肉を焼くのはとても楽しく、その時間もまた楽しみの一つではあるがやはり胃袋は肉を求める。
そんな参加者の気持ちを見透かすように現れた極ウマ赤身肉は一瞬にして消える。
安定の旨さ。
108_20130730011151.jpg


イチボ
この日一番印象に残ったのはこちらのイチボ。
過去最高の重量を記録するその肉塊はトングで持つのも一苦労だろう。
じっくりと山本さんにより焼き上げられたそれは、厚切りと薄切りで提供され2通りの味わいを楽しむことが出来た。
厚切りで提供された部分は、ジュワッとあふれる脂の甘味に濃厚な赤身の味わいがパンチを与え、奥歯で噛みしめる度に旨味の大洪水が口の中に起こる。
また薄切りは、頬張った際の舌への接地面が多い為か、厚切りよりもしっとりと肌理細かい食感が舌にダイレクトに感じられる。
提供されたおろしポン酢でサッパリと頂くも良いし、テーブルに添えられた岩塩で肉の味をダイレクトに感じるのも良い。
これは素晴らしく旨い。
113_20130730011222.jpg

119_20130730011225.jpg

129_20130730011248.jpg

130_20130730011249.jpg


シャトーブリアン
塊焼きの〆はやはりお馴染みのシャトーブリアンで。
当初そびえ立つ党のように神々しい姿で登場したシャトーブリアンを半分にカットし火を入れてゆく。
繊細で上品な肉質と香りのシャトーは、塊肉で埋め尽くされた胃袋にいとも容易くおさめられてゆく。
焼きの後半ということを物とのしないその軽やかで上品な存在感はシャトーならでは。
旨い。
124_20130730011227.jpg

135_20130730011254.jpg


ラーメン
なんとこの日最後に提供されたのは、ラーメンだ。
この日参加されたラーメンマニアの方々のために、主催の方が秘密裏にこちらのメニューを山本さんに特別に依頼していたものだ。
勿論私も炭焼喰人でラーメンを食べるのは初めてだ。
普段あまりラーメンを食べないラーメン的経験地の低い私でも、このラーメンの旨さは充分に理解できた。
牛骨でとったスープは牛骨らしい甘みがあり、柔らかで優しい口当たりで、添えられたタンゲタチャーシューのパンチの効いた旨味が良いアクセントになっているように感じる。
スペシャルメニューであるため通常提供はしていないのが残念に思うほど。
140_20130730011316.jpg


また、この日はタンが焼き上がりからザブトンがテーブルに提供されたあたりからカメラの調子が悪くなり(ピントが合わなくなってしまった)途中から写真が取れないというアクシデントが。

やや凹みながら悪戦苦闘した結果、後半にはカメラも謎の復活を遂げ、無事いつも通り撮影することが出来た。

まあ特別メニューのラーメンまでにカメラが復活したのが幸いかな。

参加者の皆さん、山本さん、素晴らしい時間をどうもありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。