スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月29日 よろにく

2011年11月29日、つまり「イイヤキニク」の日は念願のよろにくお任せコースを心行くまで堪能させていただいた。

よろにくに初めて訪れてから早数年。

開店当初から足を運ぶ度に新しい驚きや喜びを与えてくれたよろにくは、山の頂を当然の如く目指すかのように進化をし続け、あっというまに超人気店になっていった。

私といえば、よろにくお任せコースの人数の壁に阻まれること約4年。

今ほど焼肉に傾倒していなかったとはいえ、焼友達のいない私に4人の壁は非常に険しいものだった。

VANNEさんの好意で、早い時間であれば2人でもお任せをしていただけるとは言っていただけていたのだが(手の込んだ料理は除く)、さすがに申し訳ない思いが拭い去れず、お願いすることができなかったのだった。

思えば私をここまで焼肉に夢中にさせたきっかけを作ったのは初めて行ったよろにくだったかもしれない。

そんなよろにく夢のお任せコースを、縁あってご一緒させていただいた焼肉界の教皇ともいえるお方と、これまたイイヤキニクの日に迎えることができたのだからブロンズセイントの私が興奮しない筈がない。

めくるめく4時間超の夢の一時は泡沫のごとく私の頬をすり抜け、口福という名の歓びを私の中に落としていったのだった。


お通し
お通し


サーロイン 金平牛蒡を添えて
香ばしく焼かれたサーロインに金平牛蒡をのせて食べる。
初めの一口は牛蒡を乗せすぎたため、かなりの牛蒡の存在感だったが、通りがかったVANNEさんに「牛蒡はもっと少なめで」と言われ、言われるがまま牛蒡を減らし二口目を頬張る。
細めに千切りにされた牛蒡の触感と香がサーロインと調和して旨い。
サーロインと牛蒡のとりあわせは聞いたことがあるが食べるのは初めてだが、好きな味。
☆4
サーロイン

ごぼう


タン元 万願寺唐辛子を添えて
柔らかく、そしてサクッとした歯ざわりのタン元に、万願寺唐辛子をのせていただく。
半分は唐辛子のせ、もう半分はプレーン状態で。
☆4
タン

万願寺唐辛子

乗せた


ハツ
混雑していたため火が入りすぎてしまったため急遽片面焼きに。
肉オリティは申し分ないが、片面とはいえ火が入りすぎていたためちょっと残念な感じ。
☆3
ハツ


ハラミ
塊のまま焼かれ、肉汁でパンパンに膨らんだハラミは愛らしさすら感じる。
あふれる肉汁のシャワーに言葉はいらない。
☆4.5
ハラミ

ハラミ


ランプ
たまらない風味の赤身
☆4
ランプ

ヒレ
ヒレの芳しい香りに酔いしれる。
タレとのバランスも絶妙。
☆5
ヒレ


時雨煮 ふろふき大根を添えて
旨味の詰まった爆弾のような時雨煮と、ほんのりと柚子が香るふろふき大根を一緒にいただく。
これが非常に旨い。
その旨さは、時雨煮にふろふき大根をのせた状態で取り分けた写真が、興奮のあまり全てピンボケになったほど。
鍋ごと持って帰りたい衝動に駆られる。
☆5
時雨煮
大根


ミノ
あっさりとしたミノはザクザクとした食感で非常に旨い。
☆4
ミノ


ヒレのローストビーフ 牛骨のジュレ添え
見目麗しいローストビーフに舌鼓を。
☆4
ローストビーフ 牛骨ジュレ


イチボ(多分)
このへんから部分的に記憶が曖昧だが確かイチボをもみじおろしで。
もみじおろしは初めてだが、唐辛子がアクセントになっていておもしろい。
☆4
イチボ

もみじおろしポン酢


巻き
美しいカットと官能的な色合いなの巻き
甘みのある脂に酔いしれる。
☆4.5
まき


シルクロース メレンゲとともに
炙ったシルクロースをメレンゲ、卵黄と和えていただく。
まずはメレンゲで和えて一口食べてから卵黄を加えてみた。
メレンゲを纏ったシルクロースはメレンゲが脂っぽさを中和するためか、あっさりとした味わいに。
卵黄を加えるとさらにまったりとしたコクが加わり、非常に旨い。
メレンゲのみ、メレンゲ+卵黄は個人的にはどちらもかなり好きな味わい。
しゅわっとした食感もまた楽しく非常に面白い。
☆4.5
シルクロースメレンゲ

メレンゲイン


しゃぶしゃぶ
肉はもちろんのこと、出汁も非常に旨い。
間違いない味。
最後の雑炊はほっとする味。
☆5
1014.jpg

1017.jpg


ヒレカツ
今までずっと夢見ていたヒレカツ。
コプチャンで作ったタレはしっかりとした濃いめの味のため、少しつけていただく。
サクッとした薄衣を纏ったシャトーブリアンにコプチャンのタレがなんとも言えないほど絶妙。
こんな旨く贅沢なカツがあってよいのかという位けしからぬお味。
☆5
ヒレ

ヒレカツ


この後写真は撮り忘れたが〆のそうめん、ほうじ茶のかき氷をいただき、約4時間超にも及ぶ素晴らしい焼き肉の時間は幕を閉じた。
満腹なこともありかき氷は少し迷ったのだが、凄いかき氷を作る方が近々辞めてしまうとのことなので、ほうじ茶のかき氷をいつも通りオーダー。
VANNEさんの言葉通りの「トガったかき氷」は氷がふんわりとしていて非常においしかった。
このかき氷の記憶を忘れず、次回のほうじ茶のかき氷と是非比べてみたいものだが、私の記憶力では難しいだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

キク

キク

キク
主に肉を焼いてます

最近は殆どinstagramで焼き状況をつぶやいてます。
id:samohangkicco


七厘
金竜山
虎の穴
ゆうじ
みすじ
Cossott'e
格之進
仙珠
精香園
醍醐
黒牛
ふたご
又三郎
満月
松蘭
みやす
番外編
その他
未分類
多平
今半
牛蔵
黒5
CARNEYA
丸子屋
請来軒
SUPUL
キノエ
牛三郎
生粋
もぐら
2014/05/25  キク
2014/05/17  せん
2013/12/25  キク
2013/12/22  いのおか
2013/12/18  キク
2013/12/17  キク
2013/12/16  プロ・ビーラー
2014/07 (18)
2014/06 (7)
2014/01 (10)
2013/12 (37)
2013/08 (3)
2013/07 (20)
2013/06 (21)
2013/05 (1)
2013/03 (20)
2013/01 (7)
2012/12 (1)
2012/11 (6)
2012/10 (12)
2012/09 (14)
2012/08 (10)
2012/07 (7)
2012/06 (10)
2012/05 (9)
2012/04 (4)
2012/03 (14)
2012/02 (6)
2012/01 (7)
2011/12 (10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。